生活水道センターのサイト更新情報

生活水道センターのサイト更新情報

トイレつまり自然に直るの?

トイレつまりは自然に直ることもある? 業者は必要ない?

トイレ

おむつを当てている赤ちゃん以外、人は必ず1日に何度かトイレに行きます。トイレが無いと困るどころの話ではありません。そんなトイレですが、時につまりが発生することがあります。

トイレがつまった時、あなたは最初に何を考えますか。

「もう仕事に行かなきゃならないから、帰ってきたら直ってるかも」

「業者に頼むと高そうだし、ちょっと様子を見ようかな」

「とりあえず放っておいたら自然に直るかも」

トイレがつまってパニックになってしまうのか、こうしてトイレつまりが自然に直ることを期待する人は少なくありません。でも、プロとしてアドバイスさせてもらえばトイレつまりが自然に直ることはほとんどありません。

トイレつまりはなぜ自然に直らないのか、トイレがつまった時にはどうしたらいいのかなどを紹介します。

 

1.トイレがつまる原因は?

トイレがつまる原因は大きく2種類に分けられます。トイレットペーパーや排せつ物などのトイレに本来流してもいいものと、おもちゃや小物、ティッシュペーパーなどのトイレに流すことができないものです。

ティッシュペーパー

  • トイレに本来流していいものによってつまる場合

水洗トイレはトイレットペーパーや汚物を大量の水の力で押し流す構造になっています。トイレットペーパーが水に溶けやすい構造になっているのはそのためです。

裏を返せば水の力以上の量のトイレットペーパーや排せつ物が便器に入ってしまうと流しきれず、トイレがつまってしまいます。お腹が下っているときなど、普段よりトイレットペーパーを多く使いますよね。そんな時は用を足している最中でも水を流すようにするとトイレがつまりにくくなります。

最近は使い心地がいいという理由で厚みのある外国製のトイレットペーパーの人気が高いようです。しかし、その厚さのためかトイレつまりの原因になりがちです。

また、一昔前に比べて節水効果が高いトイレが増えました。節水効果が高いということはどうしても水圧が低くなってしまいます。メーカー各社は少ない水でしっかり流せるように工夫した便器を販売していますが、少し気を付けて使わないとつまりが発生することも。さらに掃除のしやすさからタンクレストイレを取り入れるご家庭も多いですよね。実はタンクレストイレも水圧が低いというデメリットがあります。タンクレストイレを使っている場合は流れやすいトイレットペーパーを使う、こまめに水を流すなど工夫しましょう。

トイレットペーパー

  • トイレに流せないものによってつまる場合

うっかり小物やおもちゃなどを便器に落としてしまい、気が付かないまま流して奥の方でひっかかってしまうというのもよくあるトイレつまりの原因です。落としたものが便器内に確認できるなら、ゴム手袋などをはめた手で引っ張り出せばつまりが解消することもあります。しかし異物が奥まで流れ込んでしまった場合、トイレのどの位置でつまりが発生しているかは素人では判断が難しいことも。

小物がひっかかった位置によっては便器を外したり、浄化槽や下水管まで確認したりする必要があります。こうなるとプロにしかつまりの解消作業はできません。

自然に直る

2.トイレつまりは自然に直ることがある?

結論から言えば、トイレつまりが自然に直ることはほとんどありません。

先に書いた通り、トイレつまりの原因は大きく分けて2種類があります。そのどちらも放置したからといって原因がなくなることはありません。特に異物によるつまりはどんな物が、どこにつまっているのかを解明し、異物を取り除かない限りトイレつまりが解消しません。

意外かもしれませんが、トイレットペーパーや排せつ物によるつまりであっても自然には直りません。トイレつまりを解消させるためには汚物を押し流す力が必要です。普段は洗浄ハンドルを回せば水圧で汚物が流れていきます。しかしつまっているときに大量の水を一気に流すと便器から汚水があふれてしまいます。水圧以外の力を加えるか、物理的につまりを取り除かなければつまりは直りません。

トイレつまりを放置するデメリットもあります。流れが悪いな、と感じる程度の軽いつまりを放置していると、次第につまりが悪化していきます。軽いつまりの段階でラバーカップを使って対処したり、業者に修理を依頼したりする必要があります。

水がまったく流れないようなトイレつまりでは、放置することで水漏れの原因になることがあります。アパート、マンションなどの集合住宅では階下にも被害が広がりかねません。戸建てでも床や壁に水染みなどのダメージが出る恐れがあります。トイレがつまったら早めの対処が肝心です。

 

原因がトイレットペーパーのみという場合に限って、水でトイレットペーパーをゆるめておけば時間が経ってトイレつまりが解消することがあります。ただし、ただつまりを放置すればいいというものではありません。水やぬるま湯を便器に流しいれ、トイレットペーパーにしっかり吸水させてから放置します。この時、水を吸わせればいいと思って普通に洗浄ハンドルを回して水を流すと逆流するおそれがあります。ペットボトルやバケツなどを使って水を少しずつ便器に流しいれ、便器の半分くらいまで水をためます。時間が経ってトイレットペーパーが柔らかくなったらバケツなどで水を流し込んでみましょう。つまりが解消することがあります。

トイレつまり自分で修理

3.自分で出来るトイレつまりの解消法

トイレつまりは条件や道具によっては自分で解消することも可能です。条件とは、トイレつまりの原因が排せつ物やトイレットペーパー、水に流せるティッシュペーパーなど、トイレに流すことができるものであること。トイレに流すことができないものを流してしまったためのつまりは、自分で解消するのはほぼ不可能です。

トイレつまりを解消するためには、できればラバーカップがあると便利です。ラバーカップとは俗にいうスッポンのこと。100円均一ショップで100円、あるいはドラッグストアやホームセンターでも1,000円前後で売っています。トイレつまりが発生してから買いに走ってもそれまでですが、念のため家に1本あるといざという時安心です。

ちなみに大きなホームセンターなどに行くとワイヤークリーナーなどより専門的な道具が売っていることもあります。トイレつまりに威力を発揮しますが、普段工具や機械を使い慣れていない人には少し使用のハードルが高いものでもあります。ラバーカップはシンプルなだけに使い方も簡単、正しい使い方をすれば効果はバツグンですので、ご家庭ではラバーカップの使用をおすすめします。

ラバーカップ

  • ラバーカップを使ってトイレつまりを解消する方法
  1. トイレ便器内に水がまったくない、あるいは少量しかない場合、便器内にラバーカップのカップ部分が隠れる程度の水をそそぐ
  2. 逆に便器の水が多い場合は灯油入れやバケツ等を使って水を取り除く
  3. カップを便器の排水溝に平行になるように当てる
  4. 水ハネが気になる場合はラバーカップの持ち手が貫通するようにしながら便器全体をビニールで覆う
  5. ゆっくりとラバーカップを押し込み、カップをしっかりとへこませる
  6. ラバーカップの持ち手を勢い良く引く。カップのふちが便器から外れないよう注意する
  7. ゴポゴポと水が流れる音がするまで繰り返す
  8. ラバーカップを便器から取り出し、止水栓を開けて洗浄ハンドルを回して水を流す
  9. 正常に流れれば作業完了。水位が上がるようならまだ詰まっているのでふたたびラバーカップを使う

お湯を使う

  • お湯を使ってトイレつまりを解消する方法

お湯を使ってトイレットペーパーを溶かす方法もあります。お湯は熱湯を使ってはいけません。便器の素材はほとんどが陶器ですので、熱いお湯によって割れ・ヒビが発生するおそれがあります。お湯の温度は40度から60度程度がベストです。沸かすよりも給湯器からお湯を出してしまえば温度管理が簡単です。方法は

  1. バケツやペットボトルを使ってトイレの排水口に向けてお湯を流し込む
  2. 少し時間を置き、トイレットペーパーが溶けるのを待つ
  3. バケツで水を流し込む
  4. 流れれば作業完了。まだつまりが解消しないようならラバーカップなどを使用する

 

  • 異物を流してしまったトイレつまりの場合

もし流してしまった異物が目で見て確認できるのであれば、その異物を取り除くことでつまりが解消することもあります。ゴム手袋などをはめて、手で取りだしてみましょう。ただし、小物が引っ張っても取れない、もしくは何かに引っかかっているという時には力任せに取らないようにします。無理に取ろうとして便器や排水口を壊してしまっては大変です。

トイレットペーパーやティッシュペーパーによるつまりも、紙類を手で取り除くことでトイレつまりが解消できる可能性があります。特にお子さんがトイレにトイレットペーパーを大量に流してしまったなどという時はある程度トイレットペーパーなどを手で取り除き、それでもトイレつまりが直らなかったらラバーカップやお湯を使う、という流れのほうが早くつまりを解消できます。

水道業者

4.業者を呼んだ方が良いパターンのトイレつまり

原因が何であれ、トイレつまりは専門業者を呼ぶのがベストな解決方法です。

確かにお金は掛かりますが、自分でつまりを直そうとして時間を無駄に浪費したり、便器やトイレの設備を壊したりしてしまっては元も子もありません。トイレつまりで業者を呼ぶと修理費用が高いというイメージがありますが、信頼できる業者であれば作業前に無料で見積もりを出してくれます。見積もりを見てから依頼するかどうかを決めて構いません。

トイレつまりの原因が判らない、もしくは異物を流してしまってその異物が目視できないところまで流れてしまっている時にはできるだけ早く業者を呼びましょう。素人判断で作業をするとトイレつまりが悪化するだけでなく、パイプや便器、浄化槽、下水管などに取り返しがつかない損害を与えてしまう可能性もあります。トイレの見えない部分は案外複雑な構造をしているものです。数々のつまりを解決してきたプロの業者なら、落としたものやつまりの状況からつまりが発生している場所をある程度推測して作業を進めることができます。それだけ効率的にトイレつまりを解決できるということ。

トイレつまりという予期せぬトラブルで数千円から数万円の出費というのは一見するともったいないように思えるかもしれません。でも被害を広げず、迅速に解決できると思えばそんなに高額ではないと感じられるのではないでしょうか。

 

5.トイレつまりを予防することはできる?

トイレつまりは少し意識するだけでリスクをぐっと軽減することができます。トイレつまりを予防するポイントをまとめました。

 

  • 「トイレに流せる」と謳う商品でも流しすぎない

トイレ掃除には何を使っていますか。トイレ拭き掃除用のシートはもうトイレ掃除の定番品と言えるでしょう。紙で出来た流せるトイレブラシという商品もありますし、子どもがいる家庭なら流せるおしりふきシートも便利で愛用しているかもしれません。ですが、これらの商品はいずれもトイレットペーパーと比べると溶けにくいものです。排水管を詰まらせる可能性はゼロではありません。いずれも処理が手軽で便利な商品ではありますが、こまめに流す、トイレに流せる商品でも燃えるごみとして処理するなどをした方がトイレつまり予防になります。

 

  • こまめにトイレ掃除をする

トイレは毎日使う場所だけあって、気が付くと汚れが溜まりがちです。特に尿石は一度つくと取れづらい性質を持っています。汚れだけでトイレがつまるというのはレアケースではありますが、汚れにトイレットペーパーや排せつ物がひっかかることでつまりを発生しやすくなる場合があります。こまめにトイレを掃除する、尿石は専用の洗剤で取るなどしましょう。あまりにトイレが古く、自分たちでは掃除しても汚れが取り切れないという時にはプロにトイレクリーニングを依頼するのも一つの手です。プロ用の洗剤や高圧洗浄機を用いるので、しっかり汚れが取れます。

 

  • 小物を置けるスペースを設置する

特に男性はズボンの後ろポケットに小物を入れがち。小物を入れたことを忘れてズボンを脱ぎ、小物を便器にうっかり流してしまう…というパターンをよく聞きます。トイレットペーパーホルダー周辺に小物を置くスペースを設置するとこの“うっかり”を防ぐ効果が期待できます。

 

6.まとめ トイレつまりは自然には直らない 早めに対処しよう

トイレつまりは時間をおいても自然に直ることはほぼありません。トイレつまりが起こると慌てるためか、お金がもったいないせいか、放置してみようと考える人もいます。しかし放っておいても状況は改善しません。いざ催した時に慌てるより、早めに対処するのがおすすめです。費用も信頼できる業者であれば、作業前に無料で見積もりをお出しします。料金に納得してからの作業なら安心できますよね。

トイレつまりが発生したときにはぜひ専門業者にご依頼ください。

 

新着更新情報

  • 年中無休・24時間・365日(土日祝日も受付)水道局指定。携帯PHSからもOK。0120-979-058 年中無休・24時間・365日(土日祝日も受付)水道局指定。携帯PHSからもOK。0120-979-058
  • メールでのお問い合わせはこちら
  • TOTO INAX取扱店/VISA MASTER AMEX DINARCE JCB取扱店 TOTO INAX取扱店/VISA MASTER AMEX DINARCE JCB取扱店

ページトップへ戻る