おうち掃除に重曹、使っていますか? 最近おうち時間が増えたためか、家のことを整えたいと思う人が増えたようです。そのなかで重曹の便利さが再注目されています。キッチンやお部屋の床、洗濯、そしてトイレとさまざまなシーンで利用でき、しかもどこもしっかり綺麗になるというのだから驚きです。

まるで魔法のような粉、重曹ですが、ネットなどで「トイレつまりにも重曹が有効」という記事を見かけることがあります。重曹が万能だからといって、トイレつまりにまで本当に効くのでしょうか。

結論から言うと、原因によっては重曹を使ってトイレつまりを解消できる可能性があります。

トイレつまりを重曹で解決できる状況や、逆にトイレつまりを重曹で解消できない状況、重曹でトイレつまりを解消できない時にどうしたらいいかなどをご紹介します。

トイレつまり

トイレつまりを重曹で解消することは可能?

ひとり暮らし、カップル、ファミリーなど、生活の形態に問わず重曹は家に常備してあるというご家庭が最近増えています。重曹とは弱アルカリ性の薬品。油汚れに強く、食品としても用いられるほど安全です。確かに重曹ひとつでいろいろな場所が綺麗になるのでとっても便利ですよね。強い薬品と違って幼い子どもやペットがいるご家庭でも安心して使えるのも嬉しいポイントです。同じように汎用性が高いクエン酸と合わせて使っているという人も多いでしょう。

トイレがつまるという場面はまさに大ピンチ。家にある道具でどうにか解決したいと思うのが人情ですよね。家のあちこちでマルチに使える重曹は果たしてトイレつまりにも有効なのでしょうか。

重曹がトイレつまり解消に効果を発揮するかどうかはトイレつまりの原因によります。先にトイレつまりの主な原因を詳しく見ていきましょう。

 

トイレつまりの原因は大きく分けて2種類

カギスマホ生理用品

トイレつまりの原因は大きく2種類に分類されます。1つは排せつ物やトイレットペーパーなどトイレに流すことができるもの、もう1つは鍵やスマホ、生理用品、子どものおもちゃなどトイレに流せないものです。

トイレつまりの原因がトイレに流せるものであれば、重曹を使って解決できる可能性があります。対してトイレつまりの原因がトイレに流せないものである場合は重曹を使ってもトイレつまりは解決できません。こちらの場合のトイレつまりの解決方法も後ほどご紹介します。

ただしいくつか例外もあります。例えば猫用トイレの砂で『トイレに流せる』とうたっている商品があります。ただ、商品にもよりますがこの猫用トイレ砂によるつまりは重曹で解消することが難しいことが多いようです。そもそも猫の糞は自治体にもよりますがトイレに流してはいけないとしている自治体も多くあります。猫の糞は猫の毛が多く含まれていることがあり、人間の排せつ物と違って簡単には形がほぐれません。そういった特性のある猫の糞を水洗トイレに流すとトイレ自体や配管に負担をかけてしまうことがあるためです。トイレに流せると書かれている猫砂も1度に流していい量がメーカーによって決められていますし、時間が経って硬くなったものは流してはいけないという注意書きもあります。その注意書きを守らなければなりませんし、守っていてもトイレのタイプによっては流しきれないことがあります。

またドラッグストアで売られている『流せるトイレブラシ』や『流せるおしりふき』なども注意が必要です。流せるとは言っていても、排水管の状態や浄化槽を使っているかどうか、節水型のトイレかどうかなどの各家庭のトイレのコンディションによってはトイレつまりの原因になってしまいます。これらによるトイレつまりも残念ながら重曹では解決は難しいようです。

『トイレに流せる』となると、処理が簡単でとても便利ですよね。ですがトイレに流せるというこれらの商品がトイレや配管に負担を掛けている可能性は少なくないんです。『トイレに流せるという商品を使う場合には注意が必要です。

 

重曹だけではトイレつまりを解消できない!?

重曹

トイレつまりの原因がトイレに流せるものだと判明したら、さっそく重曹を使ってみましょう。

重曹を使ってトイレつまりを解消できることもある、と書きましたが、実は重曹だけではトイレつまりを解消することはできません。トイレつまりを解消するには、重曹と合わせて必要なものがあります。それはクエン酸です。

クエン酸

トイレつまりを重曹で解決するために必要なのは、アルカリ性と酸性が反応した時に発生する盛大な泡立ちです。重曹の成分にトイレつまりを解消する効果が含まれているということではありません。重曹とクエン酸を反応させると泡を起こりますが、この泡には汚れを浮かせる効果があります。この効果を使ってトイレつまりを解消します。

重曹を使っている方なら一緒にクエン酸があることが多いかと思います。家に重曹はあるけれどクエン酸が無いという時にはクエン酸を食酢で代用することも可能です。

 

重曹とクエン酸を使ってトイレつまりを解消する方法

まず念のためトイレの止水栓を閉めておきます。作業途中で何らかのトラブルが発生しても止水栓さえ閉めておけば激しい水漏れが発生することはほとんどありません。止水栓が固くて閉まらないという場合は家の大本の水栓を閉めてしまいましょう。集合住宅であればパイプスペース(パイプシャフト)にあります。一軒家であれば家の外の地面に『量水器』や『止水栓メーター』と書かれた青い蓋が設置されているはずです。その中にあります。

必ず換気扇を回し、扉を開けたまま作業しましょう。窓があるトイレでは窓も全開にしておきます。重曹は弱アルカリ性のため、手などにつくと手荒れする可能性もあります。ゴム手袋を手にはめて作業するといいでしょう。万が一重曹が目に入った時にはすぐに水で洗い流します。作業中はできれば眼鏡やゴーグルをしておくとベストです。

また作業中の水はねが気になる人は便座や床、壁を新聞紙やビニール袋で養生しておきます。

便器の水たまりに重曹を振りかけた後、クエン酸、もしくは食酢を入れます。先に重曹、次にクエン酸という順序が肝心です。逆にすると反応が鈍くなり、泡があまり出なくなってしまいます。

その後便器の半分くらいに40度から50度程度のお湯を流し込み、反応を促進させます。成功すると真っ白の細かい泡が水たまり全体を覆うはず。泡が収まるまで1時間程度待った後、バケツで便器内に水を流してみましょう。つまりが解消されていればスムーズに水が流れていきます。

重曹とクエン酸の割合は重曹2に対してクエン酸(食酢)2~1です。あまり薬品の量が多いと過度に発泡してしまうので初めは少なめに入れましょう。

またお湯の温度にも注意が必要です。40度から50度の、お風呂の温度より少し熱め程度のお湯を入れます。絶対に熱湯を流し込んではいけません。熱湯を入れてはいけない理由はいくつかあります。ひとつは重曹とクエン酸の反応が一気に進んでしまい、泡がいっぺんに消えてしまう可能性があるため。もうひとつは便器が割れる恐れがあるためです。ほとんどの便器は陶器で出来ているため、急激な温度変化に弱いという性質があります。まして便器は食器と違って熱湯を掛けられる想定では製造されていません。便器が割れたりヒビが入ったりすると便器自体を交換するしかなくなってしまいます。そうなるとトイレつまりの解消以上に手間もお金もかかってしまいます。

クエン酸の代わりに食酢を使う場合、換気扇は必ずつけておきましょう。かなり強いにおいが発生します。作業の際にはゴム手袋とマスク、眼鏡やゴーグルがあればなお安心です。

 

  • 重曹とクエン酸を使ったつまり解消法が有効なタイミング

重曹とクエン酸を使ったトイレつまり解消法はトイレにつまった物を溶かしたり消したりするものではありません。泡の力で汚れを浮かせ、流れやすくするものです。残念ながら、完全にトイレがつまってから重曹とクエン酸を使っても期待していたほどの効果は望めない可能性があります。

何となく流れが悪いなと感じた時、つまり軽いトイレつまりが発生したタイミングで重曹とクエン酸の発泡効果を上手に使って汚れを取ることで、ひどいトイレつまりを予防することができます。重曹とクエン酸で作った泡は汚れの下に入り込んで汚れを浮かせ、取りやすくしてくれます。重曹とクエン酸を使った後にしっかりブラシでこすってトイレ掃除をすればこれまでのお掃除以上にトイレがピカピカになるはず。

いざ完全につまってしまってから慌てるより、普段のトイレ掃除に重曹とクエン酸を取り入れるのがおすすめです。

 

  • 重曹をトイレつまり解消のために使うデメリットはある?

重曹をトイレつまり解消のために使っても特にデメリットや危険はありません。重曹は純度によっては食用にもなるほどなので、人体に大きな害を及ぼすということはほとんどありません。ただしクエン酸を合わせて使う場合には注意が必要です。トイレつまりを自分で直そうとしてあれこれと試したくなりますが『パイプユニッシュ』などの塩素系パイプクリーナーとクエン酸は絶対に同時に使ってはいけません。パイプユニッシュは塩素系の薬剤、クエン酸はその名の通り酸性の薬剤です。これらを混ぜると強力な有毒ガスが発生し、少しでも吸うと命を落とす危険すらあります。

「パイプユニッシュを使ってみたけどまだ流れないな、重曹とクエン酸を試してみよう」

あるいは逆に

「重曹とクエン酸を試してみたけど効果が薄い、やっぱりトイレつまり原因解決はパイプユニッシュを入れてみよう

というのは本当に危険です。

また、万が一の事故の際に危険を軽減するため

・換気扇は必ずつける(強弱が選べる場合は強に設定する)

・窓がある場合は窓を全開にする

・扉を全開にしておく

など、必ず換気をしながらトイレつまり解消作業にあたりましょう。少しでも異変を感じたらすぐに作業を中止し、外の空気を吸いましょう。

 

  • 重曹の消臭効果を毎日のトイレ掃除に取り入れよう

トイレの困りごとといえば臭いですよね。しっかりトイレ掃除しているつもりでもどこからともなく嫌な臭いが臭ってくると本当に嫌になります。重曹スプレーを普段のトイレ掃除に取り入れると、トイレの嫌な臭いがぐっと軽減しますよ。用意するものはスプレー容器と重曹だけ。重曹小さじ1と水100mlをスプレー容器に入れ、よく振り混ぜます。重曹は冷たい水には溶けにくいので、ぬるま湯を入れるのもおすすめです。あとはこの重曹スプレーをトイレの床や壁、便器にシュッシュッとスプレーしてふき取るだけ。さっぱり臭いがとれます。ただし重曹は研磨作用もあるので、傷がつきやすい素材にはスプレーしないようにしましょう。

重曹そのものに消臭効果があるので、少量を小皿などに入れてトイレの片隅に置いておくと消臭剤の代わりになります。重曹は無臭なので、トイレの芳香剤の香りが苦手という時に特におすすめです。自分の好きなアロマオイルを数的垂らしておくとトイレが良い香りになりますよ。

またサニタリーボックスを使うたびに少し重曹を振りかけておくと特有の臭いが漏れることがなくなります。

 

トイレつまり修理業者はどうやって選べばいいの?

トイレつまりが起こった時はとにかくパニックにおちいってしまいがちです。ついネットで検索して最初に出てきた業者に見積もりももらわず契約してしまったなんて話も聞きます。しかし水道修理業者は残念ながら玉石混合。信頼して作業を任せることが出来て、費用も誠実というのが世の当たり前だと思うかもしれませんが、一部ではありますが困っている状況に付け込んで法外な価格を請求したり、適当な作業をしたりする業者もいます。

ピンチの時でも優良業者を選ぶためにはいくつかのポイントがあります。

 ・トイレのトラブルが発生したらトイレの止水栓か水道の元栓を閉める

  トイレつまりに限らず、トイレに何らかのトラブルが発生したらまずトイレの止水栓や水道の元栓を閉めます。こうすることでひどい水漏れや、集合住宅であれば階下への浸水をほとんど防ぐことができます。慌てることなく、落ち着いて対処法を考えることができるようになります。トイレの止水栓はタンクの横についています。マイナスドライバーなどを使わないと回すことができません。また、回す際には何回回したかを書き留めておきましょう。トイレが直った後に同じだけ止水栓を開く必要があります。どうしても止水栓が回らない場合には元栓を閉めてしまいます。一部タンクレストイレでは手で止水栓を閉めることができます。

・在住エリアの水道局指定工事店から業者を選ぶ

 各水道局では、エリアごとに【水道局指定工事店】を指定しています。これはいわば水道局のお墨付き。社内に給水装置工事主任技術者がいる、水道工事に必要な機材、資材を所持している、適切な水道工事及び水道工事に関する事務手続きを行うことができる業者であるということを認められないと指定されません。また、水道局指定工事店であれば万が一トラブルが発生してしまった時に水道局が仲裁に入ってくれます。ぼったくりや詐欺等の悪質な行為が認められた場合は水道局指定工事店の指定が取り消されます。水道局指定工事店は多くの水道局のサイトで公開されています。水道局に直接問い合わせても教えてもらえるので水道局に連絡してみましょう。

当生活水道センターも各地の水道局から水道局指定工事店に認定されていますので、安心してご用命ください。

 

 ・複数の業者から見積もりを取る

  作業に取り掛かる前に必ず見積もりをもらいましょう。見積もりは多くの業者が無料で出してくれます。逆に見積もりは出せないと言われたときにはその業者への依頼は避けた方がいいでしょう。業者のなかには「今すぐつまりを修理しないと排水管が壊れて大変なことになる」「便器に大変な異常があるのですぐに便器を交換しなければならない」などと言って契約を急がせるところもあります。トイレつまりでそこまで悪化することはまれにしかありません。止水栓さえしっかり閉めておけば今以上の水漏れなどにつながることもありません。見積もりをもらうことで、業者の質を見極めることができます。

この時、できれば複数の業者に見積もりを依頼し、見積もりを比べてみることをおすすめします。こうすると余計な作業代や部品代が入っていないかを確認することができます。業者によっては工事一式、部品一式とまとめた金額での見積もりを出してくることもあります。これもできるだけ詳細な項目がわかるような見積もりがもらえればベストです。

たまに相見積もりを取って値切るというテクニックを紹介している人もいますが、水道工事ではあまり意味がありません。逆に大幅な値引きを提示してくるという業者はもともとが高値だったということ。一般的な優良業者は初めから適正な価格を提示してくるので、値引きできる幅はあまり広くありません。いくら値引きしてくれたか、ではなく、見積もりの内容で依頼する業者を決めるのがおすすめです。

 

この3つを心がければ悪徳業者に当たってしまう確率はぐっと下がるはずです。トイレつまりは慌ててしまいますが、そのピンチに付け込まれないようできるだけ冷静に業者選びをしましょう。

 

トイレつまりの解決には重曹も使える

家のあちこちの掃除だけでなく、トイレつまりにも使えるのが重曹とクエン酸。ぜひ常備しておきたいアイテムですね。ただし、どんなつまりでも重曹だけで解決できるというわけではありません。つまりの原因や状況によっては業者に依頼した方が良いことも多々あります。業者を選ぶ際にはあまり慌てず、落ち着くことが悪徳業者に騙されないコツです。

当生活水道センターは24時間受付、見積もりは無料で承っています。全国各地の水道局指定工事店にも指定されていますので、安心してご用命ください。

関連ページ

トイレつまり少しずつ流れる原因を検証

トイレつまり自然に治る?放置して時間が経てば流れるの?

  • 年中無休・24時間・365日(土日祝日も受付)水道局指定。携帯PHSからもOK。0120-979-058 年中無休・24時間・365日(土日祝日も受付)水道局指定。携帯PHSからもOK。0120-979-058
  • メールでのお問い合わせはこちら
  • TOTO INAX取扱店/VISA MASTER AMEX DINARCE JCB取扱店 TOTO INAX取扱店/VISA MASTER AMEX DINARCE JCB取扱店

ページトップへ戻る
PAGE TOP