年中無休・24時間・365日(土日祝日も受付)水道局指定。携帯PHSからもOK。0120-979-058

水道の蛇口から水がぽたぽたと漏れていた時の自分で解決する方法はある

水道蛇口交換・レバー水栓交換を自分でする方法

水道の蛇口交換といっても種類がたくさんあったり、やり方が分からなくて困っていませんか?

一般的な交換目安は、蛇口設置後から10年~15年間と言われております。

使用頻度や環境によって寿命が短くなったり、長くなったりします。

閉めたはずなのに水がぽたぽた垂れていたり、接合部分から水漏れのトラブルが起きることもあります。

蛇口の水、お湯に分かれているひねるハンドルの劣化により水が出てこないということもあります。

業者さんにご依頼すると平均で4、5万程掛かる場合もあります。

高くなってしまうこともあるので、自分で交換できたら安く上がります。

蛇口の種類と自分でもできる交換方法の手順を追ってご説明します。

年中無休・24時間・365日(土日祝日も受付)水道局指定。携帯PHSからもOK。0120-979-058

水道の蛇口はどれくらいの種類があるのか

蛇口=水栓ということで説明します。

「お湯が出るか出ないか」

「ハンドル式かレバー式か」

「壁付か台付か」

という観点から区別ができます。

お湯の出る水栓の種類

混合水栓

お湯が出る水栓の場合は、穴の数によって「ワンホールとツーホール」によって分けられます。

ワンホール混合水栓、ツーホール混合水栓と言います。

ひねって回すハンドル式かレバーを上げたり下げたりするシングルー式もあり、ツーハンドルとシングルレバーと言います。

ツーハンドル式は、冷水/温水それぞれにハンドルがあり、水量と水温調節します。

2つの単水栓が1つの蛇口に合体してるイメージです。

古い住宅に多いタイプです。

単水栓

シングルレバー式は、1つのハンドルで上下左右に動かすことで水温・水量を調節します。

一般的なのはこちらのシングルレバー式だと思います。

蛇口の取り付け方法による違い

蛇口の取り付け方法は大きく分けて「壁付」と「台付」に分けられてます。

壁付タイプ台付水栓

それぞれ名前の通りです。

「壁」は直接取り付けるタイプ、「台」はカウンターキッチンなどのように設置するタイプです。

タイプによって様々な種類があることがお分かりいただいたかと思います。

新しい蛇口と今のサイズが合うかどうかは、穴同士の大きさを図ると分かります。

蛇口の名前と種類

蛇口の名前と種類について説明します。

次のものは日頃多く見かけるのではないでしょうか、

「ストレート」は水平方向なまっすぐなデザインでシンプル。

「万能ホーム水栓」は学校などで水を飲む時に見かけます。

「自在水栓」は昔の台所に多いです。

「洗濯機用水栓」はホースが繋げやすい形です。

「ツーハンドル混合水栓」は水とお湯の2つのハンドルがついている物は昔ながらの住宅にあります。

「サーモスタット混合水栓」はお風呂屋さんでよく見かけます。

「コンビネーションタイプ(シャワー水栓)」はビルの洗面台や美容院で見か流ことでしょう。

他にも 「センサー式」など書き切れないほどたくさんの種類があります。

「どこで購入することができて、大体いくらぐらいの値段なんだろう? 」という疑問があるかと思います。

これらはホームセンターやネットで通販でご購入することができます。

種類によっては値段が違うので、ご購入前にどんな部品や蛇口なのか確認してからご購入してください。

単水栓や壁付のツーハンドルなら約数千円でご購入することができます。

シングルレバーなら約2万円前後で購入することができます。

タッチセンサー付きやシャワー付きの高機能な蛇口は約5万円前後でご購入することができるでしょう。

機能がよくて高機能な蛇口程、価格が大きくなります。

年中無休・24時間・365日(土日祝日も受付)水道局指定。携帯PHSからもOK。0120-979-058

交換する前に用意するものは?

蛇口のサイズによって部品の大きさや用意する物が違ってくるので、交換する前に一度サイズ確認をすることをおすすめします。

蛇口交換の際、自分で用意するもの

用意する物は次の物です。

  • シールテープ 水漏れ防止専用のテープになります。
  • 六角レンチ・プラスドライバー 台付タイプを設置する時に使います。
  • モンキーレンチ 細かい作業に最適です。
  • マイナスドライバー 止水栓を確認したり開閉に使います。
  • ウォータポンププライヤー 丸い水道管を掴めます。
  • 懐中電灯 台付の場合は暗い場所が多いのであると便利です。
  • バケツと雑巾 水浸しにならないようにするためです。

他にも歯ブラシがあると、細かいところを掃除する時にしっかりブラシが届いて細かいところも奇麗に掃除をすることができてストレスが溜まりません。

モンキーレンチは、500円~1,500円前後でご購入することができます。

ウォータポンププライヤーは、1,000円~2,000円前後でご購入することができます。

交換の途中で慌てないようにするためにも事前に準備しておけば安心して作業をすることができるのではないでしょうか。

自分で蛇口を交換する前に確認しておくといいこと

道具が全て揃ったら、蛇口交換取り付ける前に以下の内容を一つずつ確認していきましょう。

・業者さんではなくて一人で交換できる範囲ないなのか?

ホームセンターなどに売っていない部品で水漏れが発生している場合もありますので、もう一度確認をしてみましょう。

ナットやパッキングの緩みが原因で水漏れが生じている場合は、しっかりと閉める作業を行えば 水漏れを防ぐことができます。

・どれくらいの期間蛇口を使っているのか?

10年以上過ぎた場合は、交換の目安として買い替えることをお勧めします。

部品を交換しても色んな所から劣化したり破損したりするので、部品だけではなく蛇口も交換した方が水漏れの原因を防ぐことができます。

・蛇口が破損していないか

グラグラする場合は、設置場所が壁の中だったりしてガタついていることもあります。

部品が破損している場合なら交換だけで済みますが、内部にひび割れがある場合は業者さんに お願いすることおすすめします。

・蛇口が詰まっていないか

出てくる水が弱かったりする場合は、蛇口に何か詰まってないか確認してみましょう。

汚れやごみが溜まっていて水の流れを妨げていることがあります。

汚れを取り除いて奇麗に掃除をしたのに水の弱さが変わらなかったりスムーズに流れない場合は蛇口の交換ではなく、業者さんご相談することをおすすめします。

年中無休・24時間・365日(土日祝日も受付)水道局指定。携帯PHSからもOK。0120-979-058

蛇口交換方法の基本手順のご紹介

蛇口交換の基本手順のご説明をしていきます。

ワンホールの蛇口交換のやり方

ワンホール水栓

まずは、ワンホールの場合を説明していきます。

1.水道の止水栓を止める

交換作業するにあたり、水道の止水栓を閉めます。

栓が空いている状態で作業をすると、蛇口を外した時に水が勢いよく噴き出してしまうのを防ぐためです。

※それでも水が噴き出してしまった時は以下の内容をご確認ください。

原因を見つけて対処していきましょう。

  • しっかり栓は閉まっているか
  • 止水栓が壊れていないか

※無理だと思ったら無理せずプロの方にお任せすることをおすすめします。

2.古い蛇口を取り外す

止水栓の上の部品をモンキーレンチで緩めて給水管に繋がれているホースを取り外して、古い 蛇口を撤去していきます。

3.掃除をする

古い蛇口がついていた場所やその周りを奇麗に掃除をしていき、シールテープが付いていたら取り外してきます。

シールテープ

4.シールテープが接着されていた場合

シールテープが接着されていたら以下の手順をやってください。

 

接着部部分を奇麗に掃除をした後に、新しい取り付け部分シールテープを巻いていきます。

2つの取り付け足を時計回りに回して、八の字になるように水平になるように調節し新しいシールテープを接着します。

5.新しい蛇口を取り付ける

プラスドライバーを使い、蛇口本体を固定していきます。

時計回りに蛇口を回していきます。

6.点検と確認

止水栓を反時計回りで開けていきます。

この時、水漏れがなく水を止めたり出てきたりしたら無事に交換ができた証拠です。

作業完了です。

シャワーホース付きの蛇口交換のやり方

次に、シャワーホース付きの蛇口交換方法の仕方を説明します。

1. 止水栓を止めます

止水栓

こちらも同様に止水栓をしっかり閉めます。

交換にするにあたり、しっかり閉めていないと交換しているときに水が勢いよく噴き出してしまうの を防ぐためです。

2. 古い蛇口を取り外します

元栓がしっかり閉まっていることを確認したら、古い蛇口を取り外す作業に移ります。

この時にシャワーホースも全て取り外しておきます。

モンキーレンチを使い、止水栓の上の部品を緩めて古い蛇口を取り外していきます。

3. 掃除をする

古い蛇口が設置されていた場所やその周りや細かいところも奇麗に歯ブラシを使ってそうじをし ていきます。

4. 新しい蛇口を取り付ける

プラスドライバーを使い、水栓のネジを緩めて本体を固定して給水ホースを設置していきます。

この時取り外しておいたシャワーホースも取り付けます。

5. 点検と確認

止水栓を開けて水漏れがないか、根元から水が出ていないかを確認します。

水漏れが起こっていなかったらしっかりと交換できた証拠なので無事に作業終了です。

2ホールの蛇口交換のやり方

2ホールタイプ

次に、2ホールの蛇口交換手順を説明していきます。

2ホールとは2つ穴があってキッチンや台付の設置されている場合が多い蛇口です。

1. 止水栓を止める

止水栓

こちらもワンホール同様に蛇口交換作業にあたり水道の止水栓をしっかりと閉めておきます。

シンク下にある場合は、シンク下に入り元栓をしっかりと止めましょう。

ない場合は、給水、給湯管のナットを外しましょう。

給水や給湯管のナットを外す場合は、モンキーレンチを使うと作業しやすいです。

2. 古い蛇口を取り外す

蛇口に付いているナットを外して水栓本体を持ち上げて外していきます。

上手く持ち上げることができない場合は、縦長のレンチを使うことをおすすめします。

3. 掃除をする

古い蛇口が設置されていたところやその周りを奇麗に掃除をしましょう。

歯ブラシがあると細かいところも掃除することができるので掃除がしやすいと思います。

4. 新しい蛇口を取り付ける

新しい水栓の場所の穴を確認して取り付けていきます。

vシンクの下から部品をはめてナットを緩めていき、給水管をナットで閉めていきます。

5. 点検と確認

止水栓を開けて水漏れや根元から水がぽたぽたと漏れていないかを確認していきます。

水漏れが起こっていなかったら無事に交換できた証拠なので作業終了です。

サーモスタット混合水栓交換のやり方

サーモスタット混合水栓の交換法について説明します。

1. 止水栓をしっかりと閉めます。

元栓をゆるく閉めると蛇口を交換して取り外すさいに元栓がしっかり閉まってないと水が勢いよく噴き出してしまいますので、防ぐためにもしっかり閉めたかの確認をしてください。

シンクしたにあって暗いため懐中電灯があると暗くなく明るい状態で作業がすることができます。

2. 古い蛇口を取り外す

反時計回りに回して本体の取り付け脚を外して古い蛇口を取り外します。

3. 掃除をする

取り外した蛇口の周辺や接続部分を歯ブラシを使って奇麗に汚れを落とします。

その時に配管についているシールテープも一緒にとっておきます。

4. 取付脚部分を取り付けます

付属カバーを装着してシールテープを巻いて取り付け脚を回転させながら壁に設置します。

5. 新しい蛇口を取り付ける

蛇口本体が水平になるように左右見ながら慎重に取り付けます。

調整しようと思って途中で少し動いてしまったら4番に戻って再度取り付け直します。

6. 点検と確認

閉めていた止水栓を開けます。

水漏れが起こってないか根元からぽたぽた垂れてないかを再度確認します。

水漏れがなくスムーズに水が流れていたら無事に交換できた証拠です。

作業完了です。

ハンドル混合水栓交換のやり方

ハンドル混合水栓の交換方法についてご説明します。

ハンドル混合水栓タイプは、ハンドルが2つあり、水とお湯がでる蛇口のことです。

1. 止水栓を止めます。

元栓をしっかりと閉めます。

シンク下にある場合は、懐中電灯を使って明るくしながら以下の作業してください。

この時しっかりと元栓を閉めていないと古い蛇口を取り外す時に、水が勢いよく噴き出してしまう ので注意が必要です。

しっかりと閉まっていることを確認したら次の作業に移ります。

2. フレキ配管にあるナットを緩めます。

ナットを緩めてフレキ配管を取り外す準備を行います。

3. フレキ配管を取り外す

2番でナットを緩めておいたのでフレキ配管を外すことができます。

外すときは水が出る方とお湯が出るハンドルを両方とも取り外します。

4. ナットを外します。

蛇口はナットによって固定されているため、蛇口を外すにはナットを外す必要があります。

5. 古い蛇口を取り外します

4番で固定していたナットを外したのでここで古い蛇口を上から引き抜くように取り外します。

引き抜くとき少し硬くなっていることもありますので、少し力を入れながら古い蛇口を取り外すよう に力を入れましょう。

6. 新しい蛇口を取り付けます

新しい蛇口に交換して、取り付けていきます。

7. ナットを装着する

古い蛇口を取り外す際にナットを外したので、新しい蛇口を固定しますので、ここでナットを装着し て新しい蛇口を固定していきます。

8. フレキ配管を取り付ける

古い蛇口を取り外すときにフレキ配管を取り外したので水が出る方とお湯が出る方、両方を持っ て確認しながらフレキ配管を設置していきます。

9. フレキ配管のナットを閉める

フレキ配管を設置したらナットをしっかりと閉めて緩くならないようにしっかりと固定していきます。

10. 点検と確認

止水栓を開けます。水漏れがないか、設置部分、根元からぽたぽたと垂れていないかを見ます。

水がスムーズに流れていて、水漏れが起こっていないかを再度確認が出来たら水漏れもなく無事に交換できた証拠です。

これで作業完了です。

壁付きタイプの交換のやり方

壁付タイプ

壁付きタイプの交換方法についてもご説明していきます。

1. 水道メーターを閉めます。

水道メーター

外の玄関付近にメーターは有るので、水道メーターがどこにあるか探します。

他の蛇口同様に止水栓をしっかりと閉めます。

シンク下にある場合も懐中電灯を使いながら元栓をしっかりと閉めていきます。

2. 古い蛇口を取り外す

壁付タイプは蛇口本体を回すことができるの本体を回して緩めてから壁から取り外していきます。

3. 掃除をする

他の蛇口の交換と同様に取り外した蛇口の周りを歯ブラシを使って奇麗に掃除をしていきます。

このと時、しっかりと掃除をしていないと蛇口のつまりの原因にもなってしまいますので念入りに 掃除をしていきます。

4. 新しい蛇口を取り付ける

新しい蛇口に交換して取り付けていきます。

5. 蛇口を回して設置する

2番の作業の逆をしていきます。

蛇口本体を回しながら壁に設置していきます。

6. 点検と確認

止水栓を開けます。

水漏れがないか設置部分、根元部分からぽたぽたと垂れていないかを確認します。

水がスムーズに流れて、水漏れが起こっていなかったら無事に交換できた証拠です。

安心していいでしょう。

これで作業完了です。

年中無休・24時間・365日(土日祝日も受付)水道局指定。携帯PHSからもOK。0120-979-058

蛇口交換する上で気を付けたいこと

自分で交換する場合は、蛇口を設置してからどれぐらい立っているのか知る必要があります。

ぽたぽたと水漏れがある場合や、蛇口がかわ周りする場合もあり交換の目安にもなりますが下記の場合も交換を視野に入れることをお勧めします。

  • レバーやハンドルが固くなってうまく回せなかったり、水が出しづらいなど
  • ハンドルをひねると高い音や変な音が出る場合
  • 接続部分や土台や設置部分箇所から水漏れがある場合
  • 蛇口を左右に揺らすとグラグラ揺れることがあるなど

酷くない軽度の水漏れの場合は、一部の部品を交換すれば解決します。

また、部品の劣化による水漏れの場合は蛇口本体を交換しなくても解決することができます。

水栓交換を考えている人は、本当に交換すべきか確認してみるといいかもしれませ ん。

例えば、劣化したナットやパッキングによって水漏れが起こった場合は、劣化した部品を交換するだけで水漏れが回避できて解決することができるからです。

ナットのゆるみが原因ならば工具を使って緩んでいるナットを締め直せばお金がかからず水漏れが解決できます。

劣化したナットやパッキングは数百円でご購入することができて金額的に安くお財布にも優しいです。

その他にも、壁についている蛇口がガタガタしていたり、建物の配管の経年数の劣化が原因になっていることも考えられます。

水の勢いが弱かったり強かったり、水が勢いよく飛び散ったりといった症状の場合は蛇口に汚れやごみが詰まっていることが考えられるで、蛇口の詰まりが考えられます。

もし、業者さんにご依頼を考えている場合は、ホームセンターで水栓をご購入してからご依頼する費用が抑えられて安くなることもありますので検討してみてはどうでしょうか。

年中無休・24時間・365日(土日祝日も受付)水道局指定。携帯PHSからもOK。0120-979-058

まとめ

水道の蛇口交換方法について、いかがでしたでしょうか。

蛇口交換方法から原因、解決策や用意する道具だったり、交換する前に気を付けておきたいことをご紹介させて頂きました。

水道の蛇口の交換にたくさんの種類があることが分かりました。

蛇口の設置個所によったり、穴の数によって部品や種類が豊富でした。

ワンホームやツーホーム、壁付タイプや台付タイプ、学校や公園、施設でよく見かけるタイプだったりめったに見かけることができない物もたくさんありました。

皆さんが知っている蛇口はありましたでしょうか。

蛇口交換には、聞き慣れない名前の部品もあり、名前は知っているけど実際見たのは初めてな部品もあったのではないでしょうか。

蛇口は設置して耐久年数があることが分かりました。

業者さんにご依頼すると平均で約4万~5万円高く費用がかかってしまうことがあります。

いざ自分でやってみるのは気が引けてしまいますし、どうやったらいいのか分からなくてハードルが高くなってしまいました。

しかし、今回の記事を参考に少しはハードルを下げられることができたのではないでしょうか。

蛇口交換には様々な部品が多く用いられてます。

それぞれの部品は消耗品であり、使用頻度や環境にもよりますが一般的には、蛇口設置してか ら10年~15年間だと交換を推薦されています。

蛇口の交換方法や部品名や蛇口のタイプや特徴を知っておくことで、急な交換時に慌てずに対 応することができます。

蛇口の交換の目安を知っておくとそこまで難しいものではないです。

しかし、目に見える水漏れだったり、そもそもどこが原因か分からなかったり、作業のハードルが高かったりするケースもあります。

DIYや初めてやる人だったり、ホームメンテナンスに不慣れな人にはハードルが高いかもしれません。

また、交換の目安や耐久年数を確認できたとしても、不具合が見つけられなければ、もっと深刻なトラブルが存在するかもしれません。

知らずにいじってしまうとさらに状況を悪化させるかもしれません。

無理に交換しようとすると、取り返しのつかないことになる可能性がありので、難しいと感じた場合は、無理せずに専門業者にお願いしましょう。

近くにいる信頼が厚い水道工事事業者さんをご紹介します。

素早く直してお安く快適な水道が使える生活を取り戻します。

水栓をご購入して手元にある場合のご依頼と水栓がお手元にない場合のご依頼だとかかる費用が全然変わります。

専門業者さんご依頼する時は交換するサイズにあった水栓をご購入した後にご依頼すると、費用が 安くなり余計な水道料金もシャットアウトも可能です。

今回の記事が参考になれば幸いです。

キャンペーンの詳細

関連ページ

地域キャンペーン料金を確認

  • 年中無休・24時間・365日(土日祝日も受付)水道局指定。携帯PHSからもOK。0120-979-058 年中無休・24時間・365日(土日祝日も受付)水道局指定。携帯PHSからもOK。0120-979-058
  • メールでのお問い合わせはこちら
  • TOTO INAX取扱店/VISA MASTER AMEX DINARCE JCB取扱店 TOTO INAX取扱店/VISA MASTER AMEX DINARCE JCB取扱店

ページトップへ戻る
24時間・365日(土日祝も受付)