ぼったくり企業撲滅キャンペーン中!悪徳業者にご注意ください!

悪徳水道業者一覧の探し方とは?騙されないよう知識を増やそう!

トイレやキッチンなど、水回りの修理をしてくれる水道業者の中には、修理が必要ない箇所に修理が必要などと言う悪質業者がいます。不当な料金を請求して儲けようとたくらむ悪徳業者は増えているため、ぼったくられないよう知識をつけて対抗していきましょう!この記事では、悪徳水道業者の探し方や、修理を依頼する前の注意点について説明していきます。

水道工事高額請求業者名を探す方法

まずは、悪徳水道業者を探す方法を紹介します。現在はインターネットを使って業者選びをすることが多いと思うので、ネットで悪徳業者を探す方法も知っておきましょう。

インターネットを使った悪徳業者の探し方

インターネットで悪徳業者を探すのであれば・・・

「目に付きやすい広告のうち格安料金が書いてあるものには注意!」

広告

これに尽きます。

インターネットで水道業者を検索した際、上位に表示される広告には注意しましょう。すべての広告が悪いわけではありませんが、特に注意すべきはその広告の中でも格安料金が書かれている業者です。無料点検ならまだしも、修理が100円なんて普通に考えたらありえない安さではありませんか?悪徳業者の手口として、「100円~」などと、最低価格を信じられないほど落とした広告を出す傾向があります。

このような広告を出している水道業者に修理を頼むと、修理後には何十万円もの請求をされます。後になって消費者センターへ電話する方もいるため、安い広告には注意することを忘れないでおきましょう。

国民生活センター参考記事:水回り修理「950円~」のはずが数十万円の高額請求に!

有料広告枠は、お金を出している分私たちの目に入りやすくなっています。しかし、注意しなければならないと知っていれば、クリックする前に一度考えられますよね。人々の目に付きやすい場所に広告を置くには広告費も必要ですから、悪徳業者は不当に儲けたお金で広告費を出し、さらなるお金儲けをしようと画策しているわけです。

インターネットを使って水道業者を検索する際、特定の検索キーワードで上位に表示される広告のうち、安すぎるものはやはり悪徳業者である可能性が高いです。その特定キーワードは短いものが多く、たくさんの人がその言葉で検索をかけるだろうと悪徳業者が網を張っています。例えば以下のようなキーワードで検索をかける際には、広告に要注意です。

「トイレつまり」「トイレ水漏れ」「水漏れ修理」「水道修理」「水道工事」

安いほど嬉しいのでどうしても料金に目が行ってしまうかもしれませんが、「安かろう悪かろう」であることを意識しておけば悪徳業者にひっかかることを防げます。

インターネットでは、上記のような方法で悪徳業者を探しましょう。

電話帳広告を使った悪徳業者もある!

電話帳を使って悪徳業者を探す場合も・・・

電話帳

「格安料金を記載した大々的な広告には注意!」

ですね。インターネットでの注意点と同じです。

電話帳を使って水道業者を探す場合は、1ページ目など、やはり目立つ場所に大きく広告を出している業者は怪しいです。適正価格を掲載している業者なら問題ありませんが、格安の料金が書いてあるならインターネットを同じく悪徳業者である可能性は非常に高くなります。基本的に、インターネットでも電話帳でも、広告費を出している業者は疑ってかかった方が良いということですね。

実際に、水道業者にぼったくられた方や、水道工事で高額請求をされて消費者センターへ連絡した方、トイレ修理をお願いしたら高額請求をされた方などはこのような広告に飛びついて後悔しているパターンが多いです。怪しい広告を見たら、業者名を覚えてそこには連絡しないよう気を付けてください。100円で修理ができたとしたら利用者としては嬉しいですが、この場合作業員の時給はいったいいくらになるのでしょう。そう考えると、常識的にそんな安価では修理なんてできないとわかりますね。

マグネット広告で悪徳業者を見極められることも!

水道業者と言えば、マグネット広告がポストの中に入っていたなんてことはありませんか?実はこのマグネット広告、やはりインターネットや電話帳広告と同じく高価なものなので、頻繁に入っているとその水道業者は悪徳である可能性が高いです。

マグネットチラシ

良心的な価格で修理を行っている業者からすれば、高い広告費に手を出すのは抵抗がありますし、優良な業者の場合はわざわざマグネット広告をポストに入れなくてもお客さんは来てくれます。つまり、水道業者から営業をしなくてもお客さんを獲得できるということですね。それができない悪徳業者は、広告費を出してでもお客さんを探し、そこで得た大金でさらに広告を出していきます。

ただ、すべてのマグネット広告が怪しいわけではありません。目安として、半年に1回くらいのペースであれば問題ないと覚えておきましょう。

悪徳水道業者は、上記のようにインターネット、電話帳、マグネット広告を使って人をだますので、この3つの手法を把握して気を付けてください。

修理依頼をする前に悪質水道業者とわかるポイントや注意点は?

悪徳水道業者の探し方や手口はわかりましたが、それでもトイレのトラブルや水回りの困りごとは急に来るもので、焦ってパッと目に付いた業者に頼んでしまうこともあるかもしれません。そういうところを狙っている悪徳業者がいるので、万が一水回りに何かあった時のために、頼りになりそうな業者を事前に探しておくことが大切です。以下で、修理依頼をする前に気を付けるべきポイントを紹介します。

①→料金をなかなか言ってくれない

安い料金が魅力的でも、実際にはいくらかかるのか事前に業者に問い合わせておくと悪徳業者に騙されることを防げます。

「見積無料!」や「低料金!」といった言葉は聞こえがいいですよね。安ければ安いほど嬉しいわけですから、こういった言葉には人は惑わされやすいものです。特にトラブルが起こっている時には焦って思考も鈍りますからね。ただ、後のことを考えれば不当な金額を請求されて困るのは自分なのですから、自衛のためにも安すぎる料金であれば疑ってかかりましょう。

悪徳業者というと料金が高いというイメージから、安いところがあると安心してしまう心理があります。しかし本当の悪徳業者とは、最初は安いと言い、修理が終わったら高額請求をしてくる業者です。このことは常に意識しておきましょう。

水回りのトラブルは、家に行ってみなければ正確な修理料金をお伝えすることができないと言われることもあります。それはごもっともなのですが、過去の事例で良いので教えて欲しいと伝えてみましょう。そこで言われた値段がそれ相応のものであれば問題ない業者です。悪徳業者なら、安さばかりを強調してくるはずなので、多少高いと思うくらいがちょうど良いといえるでしょう。心配なら、電話する前や後にトラブルが起きた場所の修理相場をネットなどで調べてみてください。

時間があるなら、できれば複数の会社に見積もりを取ることをおすすめします。これにより、悪徳業者が見抜けるばかりでなく、良心的な業者の中で安いところを見つけられるからです。悪徳業者であれば相場や他の業者と比べても安すぎる価格を提示するので、魅力的に映っても却下しましょう。価格帯がそれなりの業者のうち安いところがあれば、その業者のホームページを見に行って過去の事例や料金設定をチェックしてみてください。

①→蛇口やトイレなどの水が止まらない場合は水道メーターを閉めよう

水が止まらない場合、焦らずまずは水道メーターを閉めましょう。

水道メーターで水を止める方法

蛇口から水が出て止まらなかったり、トイレの水が流れっぱなしになってしまうとどうしても焦ってしまうものです。あたふたしている今この間にも水道料金がどんどん高くなっていると思うからです。

このような場合には、修理業者を探す前にまず水道メーターを閉めましょう。この知識があるだけで、少し落ち着いて対処ができるはずです。ただ、やはりいざとなるとどうしたらいいかわからなくなるので、上記で述べたように頼れそうな水道業者を事前に探しておき、そこに電話して指示を仰ぐ方法もあります。

今どうなっているかを説明すれば、応急処置としてどうしたらいいかを教えてくれるのでその指示に従いましょう。そのまますぐに家まで来てくれると助かりますし、精神的にもホッとできるのではないでしょうか。

②→「器具交換が必要」と言われた場合は納得するまで十分な説明を受けよう

中には、修理ができないので器具交換が必要と言われることもあります。このような時には、本当に器具交換が必要なのか知るために、納得できるまで説明を聞くようにしましょう。

本当は修理ができるのに、器具交換が必要と言ってその器具の料金を請求する悪徳業者もあります。相手が素人なのをいいことに悪事を働く業者は依然としてあります。

プロの意見なら説明を聞かなくてもお任せしておけばいいという考えは危険です。確かに、専門性が高い分野に関してはプロにお任せした方が良いのですが、水道業者の場合はきちんと悪徳業者を見極める必要があります。素人であろうと、なぜ器具交換が必要で修理ができないのかを、納得いくまで説明してもらえば悪徳業者に騙されずに済みます。

納得できないならその場で断りましょう。別の業者にトラブルが起きた箇所を見てもらえば別の回答が返ってくるかもしれません。たとえ器具の交換が必要と同じように言われたとしても、専門用語を使わず丁寧に説明してくれる業者であれば安心できます。

家まで来てもらったのだからと必ず修理を頼まなくてはいけないことはありません。変に遠慮したり、相手の圧に負ければそれこそ悪徳業者の思うつぼです。優良な業者ならそんな圧をかけるようなことはしないので、相手の対応をよく見ることも大切です。

③→他社と料金比較をしてみる

悪徳水道業者にひっかからないようにするためには、他社と料金比較をしてみることが大事です。極端に料金が安かったり高かったりしたら怪しいです。

料金比較をする際に気を付けるべきことは、「基本料金」には何が含まれているのか調べることです。面倒に感じるかもしれませんが、他社が基本料金に作業料金を含めているのに、それが抜けていたら安くなるのも当然で、利用者は安くて良いと錯覚してしまいます。結局蓋を開けてみたら、基本料金とは別に作業料金が必要だと言われて他社より高い料金を取られるケースもあります。

もちろん修理もケースバイケースなので一概にいくらとは言えないのでしょうけれど、それでも料金設定はわかりやすくしてもらわないと困りますよね。このように、調べないと料金の詳細がわからないようなところは利用者に対して不親切ですし、悪徳業者の手法を使っている場合もあります。最初に安く見せて後で高くなるのが悪徳業者の常とう手段です。

④→法人名や所在地の有無を調べる

悪徳水道業者かどうかを見分けるために有効な手段が、その業者のホームページに法人名や所在地が書かれているかどうかを調べることです。普通の業者なら、サービスの内容の他に法人名と所在地は必ず書かれています。たいていは「会社概要」など、ホームページのバナーか下部から閲覧できるようになっています。

法人名や所在地が書いていないのは、不当に高い料金を回収した後、その利用者から電話などがかかってこないようにする対策です。ただ、実際には利用しようと思った業者の法人名と所在地の記載を調べようと思う方は少なく、意識していないとできないことです。日頃から、水道業者に限らずサービスを利用する時にはホームページで法人名と所在地の記載の有無を調べる癖を付けておくといいですね。

⑤→ホームページに記載していた名前と違う水道業者が来たら確認

ホームページで水道業者を探し、修理を頼んで家に来た人がそのホームページに記載してあった業者と違ったなんてことがあれば、修理をする前に依頼社名を確認しましょう。

悪質業者は、架空のサービス名で広告を出す手口を使うことがあります。そして修理をして高額な修理費を回収した後に、サイトごと消してしまい利用者から連絡がつかないようにするのです。

ただ、架空のサービス名だと聞いたことがないはずなので、大手ではない、見たことがないと思ったら注意できます。サービスを利用したり、商品を購入するなら大手に限るという方も多いですが、確かに悪徳業者を避けようと思うなら賢い考え方です。偽サイトなども出て来ることがあるので万全とは言えませんが、テレビCMをやっていたり、全国規模で展開している大手なら、架空のサービス名を使った悪質な手法にはひっかかりません。

⑥→飛び込み営業には要注意!

よくある悪質水道業者の特徴に、飛び込み営業をしてくることが挙げられます。近所で修理をしているから今なら値引きをしますよと魅力的な言葉を言ってきたり、水道局の依頼できましたと水道局の名前を出すこともあります。

そもそも修理とは、必要になって自分から連絡をするものなので、飛び込み営業は基本的に信用してはいけません。もしそこが優良な水道業者であれば、飛び込み営業をするほど売り上げは悪いのでしょうか。そんなことありませんよね。飛び込み営業をするのは、そうでもしないと利用者が獲得できないからです。

つまり、悪質水道業者の可能性が高く、後で高額な料金を請求される可能性が高いので断りましょう。判断力が落ちてしまう高齢者の方や、情報をインターネットなどで得られない方は飛び込み営業を受け入れてしまう傾向があります。自分の親など、ご家族の中で悪質水道業者にひっかかってしまう恐れがある方がいるならぜひ注意喚起をしてあげてください。

⑦→見積書を作成してくれない

水道業者を利用する上で大切なのは、見積書を作成してもらうことです。これを作成してくれない、あるいは有料である場合は悪質水道業者の可能性が高まります。口頭で料金の説明を受けたからと言って安心してはいけません。基本的にお金が絡むことを口約束するとトラブルの元になってしまうからです。

実際に修理をしない場合に見積書を作るとなると有料になるという業者は特に注意が必要です。慌ててお願いするよりも、冷静になって他の業者にも連絡を取るようにしましょう。急いで修理したい気持ちを抑えられるかが課題になってきますが、基本に立ち返り不当な料金を取られた場合を想像してみてください。それを避けるためには冷静になることが最も重要だと気付くはずです。

⑧→スタッフの対応が不適切

悪質水道業者を見分けるのにスタッフの対応は一見関係ないように思えるかもしれませんが、実はここも見るべき大切なポイントです。優良な水道業者の場合、スタッフの教育はきちんと行い、コンプライアンスにも注意を払っています。ですから、身だしなみや挨拶、コミュニケーションスキルが高い人が来るのが一般的です。

逆に、生活感がなく、挨拶やコミュニケーションが下手なスタッフが来たならその人を信用しにくいのではないでしょうか。少し怪しいなと感じたら、後日考えてから連絡すると言ってその場では帰ってもらいましょう。

⑨→社員証を見せてくれない

一般的に、どんなサービスでも提供している側は社員証を相手に見せることが最低限のマナーとなっています。ですから、社員証を見せてくれない人は悪質水道業者関連である可能性が高くなります。身分を堂々と証明できない人を信用はできませんからね。

家の中に入れると言葉巧みに誘導される可能性があるため、玄関のインターホン越しにお断りするのが鉄則です。対面すると断りにくくなってしまったり、強く言われて引くに引けなくなることがあります。

ただ、マンションなどの賃貸住宅の場合は例外で、管理会社は保守サービス会社が手配した水道業者だと名刺を出さないこともあります。この場合は、管理会社に連絡をして確認をとってみましょう。

優良な水道業者を提供してくれる生活水道センターなら安心!

自分で悪徳水道業者を避けて優良な水道業者を探す自信がない場合は、「生活水道センター」のご利用をご検討ください。

生活水道センターはぼったくりではない水道業者と提携をしているため、お客様に生活指定店として紹介できるのです。地元で安心できる水道業者をすでに知っているところから聞くのが一番安心できるのではないでしょうか。

また、水道局による指定工事が必要な場合にも、対応可能な工事店を紹介いたします。料金は格安とは言えませんが、一般的な料金よりはお安く設定しています。

適正価格で修理ができるのは、広告費を安く設定しているからです。キーワードにも値段があるのですが、高額なものは避け、マイナーなキーワードを購入しているため1クリック100円くらいの広告になっています。

「とにかく安心できるところがいい!」、「自分で水道業者を調べる自信がない・・・」、そんな方はぜひ、生活水道センターをご利用してみてくださいね。

悪質水道業者を見分けて泣き寝入りしない生活を!

悪質水道業者はまだまだあり、政府が対応しているにもかかわらず悪事を働こうとする人はいます。そのような集団に騙されれば後悔しか残りません。そうならないようにするためにも、今回紹介した悪質水道業者を見分けるポイントを押さえ、泣き寝入りせずに済む生活を送りましょう!

  • 年中無休・24時間・365日(土日祝日も受付)水道局指定。携帯PHSからもOK。0120-979-058 年中無休・24時間・365日(土日祝日も受付)水道局指定。携帯PHSからもOK。0120-979-058
  • メールでのお問い合わせはこちら
  • TOTO INAX取扱店/VISA MASTER AMEX DINARCE JCB取扱店 TOTO INAX取扱店/VISA MASTER AMEX DINARCE JCB取扱店

ページトップへ戻る