台所で洗い物をしていると、急に排水溝から水が逆流してきたことはありますか?
また、最近台所の水を流していると、水の流れが悪くなってるように感じたことはありませんか?
これらのトラブルは、排水溝が詰まっていることが原因だと考えられます。
排水溝の詰まりを自力で解消するためには一体どうしたらいいのか?
また、自力では解消することができない場合、最終的には水道業者に依頼しなければならないのか?
などというような、頭を悩ませている方もいらっしゃることと思います。ただ、排水溝が詰まり、水が流れなくなってしまうことは、日本中多くの家庭で起こりうることなの、そんなに心配されなくても大丈夫です。
排水溝が詰まってしまう場合、徐々に詰まりが悪くなっているな、という予兆があるパターンと、突然詰まりが悪くなるパターンがあります。水の流れるスピードがだんだん遅くなってきたり、ボコボコと変な音が鳴るようになれば、それは汚れで詰まり始めている証拠です。一方で、急に水が詰まってしまった場合、もしくは急に水が逆流してくる場合は、大きな固形物が排水管や排水ホースに流れてしまい、排水ホース内で詰まりが発生してしまっているなどが原因として考えられます。特に普段、料理をしている人は、このような台所の排水溝の詰まりを経験している方も多いのではないでしょうか。今回の記事では、排水溝が詰まってしまった時の解決法を詳しく紹介します。また、詰まりの原因やその予防策についてもご紹介しますので、ぜひ参考にしていただければ幸いです。

まずは、台所の排水溝の仕組みを理解しよう

まずはじめに、台所で使われてる排水溝の構造について簡単に説明します。一般的な家庭で使われている排水口の構造は、写真のような形になっているケースがほとんどです。

排水トラップ分解

食器やフライパンなど、洗い物で流した水は、シンクから流れ落ち、まず排水溝に流れ込みます。ここで、きちんとゴミ受けカゴやネットをつけていれば、大きめのゴミや食べかすなどは引っかかってくれるに違いありません。もちろん、水はこのネットを通り越していきます。そして、その先には、多くの家庭で、「ワントラップ」といわれる部材があるというわけです。
見たことはあるけど、これはいったい何のために付いているのだろう?と思っている方もいるかもしれませんが、このワントラップという装置は、排水溝の中の悪臭を、台所全体に立ち上らせることを防ぐという、とても重要な役割を担ってくれている、大切な器具です。排水管内側にあるエアーと台所の空気を、流れてくる水を使って隔てている、という仕組みです。そのため、排水溝内に流れてくる水は、一度このワントラップの外側にたまり、その後内側から溢れかえり始めるといった形で排水管の内側に入っていくことになります。

台所排水トラップ

このワントラップが正しく機能していない場合、排水管内からの嫌な匂いが台所全体に広がってしまい、「生臭い、カビ臭いキッチン」になるかもしれません。ちなみに、このワントラップも、長期間使用していると汚れやカビがついてしまうことがあります。簡単に取り外すことができますので、このワントラップも定期的に歯ブラシやスポンジを使ってきれいに掃除しましょう。話を元に戻すと、このワントラップを通過した水が、その下にある排水管を通り、最終的に下水道へと流れていく仕組みになっています。

台所の排水溝詰まりの原因とは?

台所の排水溝に詰まりをもたらす、最大の原因は、排水パイプ内の汚れです。一度台所のシンクの下を見てみてください。排水パイプが下に向かって通っていると思います。この排水パイプを通って水が下に流れていき、下水道へとつながっていくのですが、この内部に汚れがたまり、詰まりを引き起こすのです。
もちろん新築の家に住む場合は、この排水パイプも全く汚れてない綺麗な状態ですが、しばらく住み続けると、また、築数年以上経った賃貸の家に住む場合、すでに排水パイプの中には汚れが蓄積されているケースがほとんどです。引越しをしてすぐ、外から排水パイプを見てみると、一見綺麗に掃除されているように見えるかもしれませんが、実は排水管の外側を綺麗にクリーニングしただけであり、根本的な問題である、排水パイプの内部まではきれいに掃除されていないケースがほとんどです。残念ながら、不動産会社は見た目を重視し、外側の目に見える箇所だけをきれいに掃除しているのです。
そのため、あなたが住み始めた段階から、すでに排水パイプの中に汚れは蓄積されています。この汚れが徐々に溜まっていくと、水の流れが段々悪くなり、排水処理能力を失っていきます。特に詰まりが起きやすいのは、トラップやL 字の曲がりの部分です。本来このトラップやL字の曲がりの部分は、ゴキブリなどの虫の侵入や悪臭の侵入を防ぐために設けられていますが、実は詰まりが起きやすい場所でもあるのです。それでは早速、台所の排水溝の詰まりの原因となっている、代表的なものを詳しくみていきましょう。

台所の排水溝詰まりの原因①「油汚れ」

油が詰まった排水管の写真

台所の排水溝が詰まってしまう原因の、最も代表的なものが、排水管の中に溜まってしまった「油汚れ」です。もちろん家庭によっては、台所の排水溝に直接油を流さないように気を付け、鍋やフライパンなどで使った余分な油を拭き取ってから洗い物をしたり、揚げ物をした後に残った油はきちんと固め、分別して捨てている方もいると思います。しかし、油汚れはあらゆるところに残っています。食事を終えたお皿はもちろん、フライパンや鍋などの調理器具にも、綺麗に拭き取ったつもりでも油は残っており、それらをシンクで洗っているときにも、少しずつ油が排水溝へと流れていっています。
もちろん、一度油を排水溝に流したからといって、排水管内が急に詰まる、というケースはあまりありません。最初は、排水管の内側に少しずつこびりついていき、徐々にその油が固まっていきます。そして、その上に新しい油が流れてきて、固まった油の上にさらに重なって付着していきます。これらが繰り返されることで、何層にもわたった油汚れが排水管の内部にこびり付き、徐々に水が通る道が細くなっていきます。最終的に、排水管の中いっぱいに油汚れが広がってしまうと、完全に水が通る道がなくなり、詰まりの原因となるかもしれません。
この油汚れによる詰まりは、非常に頑固です。汚れが付着してまだ真新しく、油が柔らかい状態であれば、このあと紹介する方法で除去する事もできるのですが、長い間、油汚れを放置しておくと、油が硬く固まり、簡単に除去することができなくなるかもしれません。そうなると、業務用の機材や薬品を使ったり、専門の業者に依頼をしなければ、汚れを除去することができなくなるかもしれません。すると、必要以上のコストもかかってしまうため、予防の意味合いも込めて、定期的に排水管や排水溝の掃除をしていくことをお勧めします。

台所の排水口詰まりの原因②「食材」

カバーを外す写真

油汚れの次に多い、台所の排水溝詰まりの原因となるのが、調理をした時に出てくる食材のカスなどです。例えば、ニンジンやジャガイモ、リンゴなどの野菜や果物の皮を剥いたときの切れ端や、きれいにくりぬいたピーマンの種、切り落としたお肉の余分な油部分など、本来であればゴミ箱に捨てているはずのものが、台所のシンクに残り、流した水と共に排水溝に流れてしまった場合、詰まりの原因となることが多々あります。
ちょっとくらいなら、そのまま流しても大丈夫!と思われる方もいるかもしれませんが、そのちょっとくらいが何度も重なると、排水溝の内部を食材のカスが埋め尽くし、詰まりの原因となるかもしれません。基本的には、台所の排水溝にはゴミ受けカゴが付いており、またはネットをはっている家庭がほとんどだと思います。そのため、大きな食べかすについては、排水溝の奥までたどり着かないようになってはいますが、そもそも構造上ゴミ受けが設置されていない場合や、ゴミ受けを設置はしていたものの、少しずれてしまい隙間が開いていた場合など、ほんの些細なきっかけで、排水管が詰まってしまう可能性があります。面倒くさいかもしれませんが、調理をする際は、このような皮や脂などの切れ端や残りかすが排水口に流れてしまわないように丁寧に取り除き、きちんとゴミ箱に捨てることをお勧めします。誰でも出来るような、地道な努力の積み重ねで、台所の排水溝の詰まりは、未然に防ぐことが出来るのです。

台所の排水溝詰まりの原因③「その他の固形物」

今までご紹介した油汚れや食べかすが、台所の排水溝のつまりの主な原因ではありますが、他にも台所の詰まりを生み出すものがあります。それは、スプーンやフォーク、爪楊枝などの食材以外の固形物です。そんなものが排水管のなかに落ちるなんてありえない!と思われる方もいるかもしれませんが、スプーンやフォークなどの固形物が排水口に入ってしまうとかなり厄介です。
上記で説明した油や食材のカスや汚れであれば、この後ご紹介する台所の排水溝の詰まりを取り除く方法で解決することができるのですが、例えば鉄製のスプーンやナイフなどの食器類は、薬剤で溶かすこともできなければ、ある程度の重量もあるため、水圧や空気圧で取り除くことも難しいケースがあります。そのため、最悪のケースは、台所の床を全て外して、排水管ごと変えなければならないという、手間も時間も費用も最悪な結果を招くことも想定されます。そうなってしまえば、ただの台所の排水溝が詰まって水が流れにくくなった、などという糧の身近なトラブルでは済まされなくなるかもしれません。
この固形物が排水管の中に落ちてしまう代表的なケースとしては、排水口の中を歯ブラシなどを使って掃除をしているときがあげられます。目で見ることはできない、手では届かないところを歯ブラシを使って掃除をしているそんな時に、少し歯ブラシの先が排水管内部のくぼみに引っかかってしまい、ふと手を離して、歯ブラシが落っことしてしまう…。想像することは難しくないと思います。単なるドジでは済ますことのできない、大きなトラブルにつながる可能性もあるので、歯ブラシなどを使って排水管の中を掃除をする際は、細心の注意を払って行いましょう。また作業する際に、近くに穴の中に入ってしまうようなものは行いで置くようにしましょう。

排水溝の詰まりを解消する8つの方法

それでは本題に入っていきます。台所の排水溝が詰まってしまった場合、その詰まりを解消する方法ご紹介します。水が詰まったからといって、すぐに業者に依頼をする必要はありません。まずは自宅にあるものを使ってでも充分に代用することができますので、順番に試してみてください。ポイントとしては、水の流れが悪くなってきたな.遅くなってきたな、そう感じた時がタイミングです。先ほども少しお伝えしましたが、汚れが溜まれば溜まるほど排水管内の水の通り道は細くなり、最終的に完全に詰まってしまいます。そうなる前に水の通りが悪くなったなと感じた段階で今から紹介する方法を行えば、自分で解消することがあるできます。

タオルとお湯を使って直そう

台所の排水溝の詰まりを直す薬品や機材は数多くあります。詳しい説明は後ほど行いますが、急に水が詰まってしまった!今すぐにでも水がきちんと流れるようにしたい!でも、薬品も機材もいま、手元に無い!そんな方のために、誰でも最も簡単にできる方法を最初にお伝えします。準備するものは、いらなくなったタオルと、お湯だけです。これだけで、一発水の詰まりが解消される場合もあり、また、最も簡単な方法・解決策でもあるので、ぜひ一番最初に試してみてはいかがでしょうか。

排水口の穴にタオルで蓋をする

排水管にタオルを詰めた写真

まずは排水溝を覆っているカバーやワントラップを外し、排水管の口が見える状態に行いましょう。そして、その排水管の穴にタオルを詰め込み、栓を行いましょう。タオルをすべて穴の中に入れてしまうのではなく、片方の端はきちんとシンクの外に出しておきましょう。全部入れてしまって、タオルが取れなくなってしまっては大変です。それこそ水詰まりの原因になります。もちろん、排水管の中は汚れていますので、汚れてもいい、捨ててもいいタオルを用意したほうが良いと思います。

シンクの中にお湯をはる

排水溝の穴をタオルできちんと蓋をすることができれば、次にシンクの中に熱いお湯をためてください。この時に、きちんと排水管の穴がタオルでふさげていないと、お湯が排水管のなかに流れてしまい、シンクの中にお湯がたまらないので、しっかり確認行いましょう。目安としては、シンクの中の6から7割程度お湯を張ってもらえれば大丈夫です。もちろん水でも問題はないのですが、温度が高ければ高いほど、汚れをそぎ落とす効果もあるので、お湯をためることをお勧めします。やけどには十分気をつけてくださいね。

タオルの栓を抜き、一気にお湯を流し込む

シンクの中にお湯が十分たまったら、先ほどシンクの外に出していたタオルの反対側を一気に引き抜いてください。すると、先ほどシンクにためていたお湯が一気に排水溝から流れていくため、排水管の中に強力な水圧がかかることになります。この水圧によって、排水溝内部の詰まりを解消することができるのです。
完全に詰まってしまっていて、全く水が流れない台所ではこの方法を利用することができませんが、水の通りが悪くなってきた気がするなど、詰まりの初期の状態であれば、十分に利用することができるはずです。
それではひとつ、頭に入れておいて貰いたい事があります。この方法は、水の流れる力で汚れを削ぎ落とすため、排水管の中に先程お話したスプーンや爪楊枝などの固形物が詰まっている場合、さらにそれらを排水管・排水ホースの奥まで進めてしまうことになり、余計に取り除くことが困難になるかもしれません。それでは、状況を悪化させるだけになるかもしれませんので、固形物によって詰まりが起きているのかなと、少しでも感じる要素があるのであれば、このタオルとお湯を使った方法はあまりお勧めできません。

ペットボトルを使って詰まりを除く

もう一つ、どこの家庭にもあるものを使って、台所の排水溝詰まりを解消する方法をお伝えします。それは、ペットボトルを使う方法です。まず、空のペットボトルを用意行いましょう。ペットボトルのサイズは、どの大きさでも問題ありません。一番オススメなのは、2リットルのペットボトルです。もし自宅になければ、500ml のペットボトルでも問題ありません。
手順を紹介します。まずは、排水溝のふたやゴミ受けカゴ、ワントラップなどのパーツを全て外し、排水管の穴が見える状態に行いましょう。そして、その排水管の穴にペットボトルの口を差し込んでください。その時に、排水管の穴とペットボトルの内部に隙間が生まれないように注意を行いましょう。

排水管の穴とペットボトルの口がうまくはまったら、ペットボトルを両手で挟み、ベコベコと押しつぶして、排水管の中にペットボトルの中の空気を送り込んでください。何回か空気を送り込むことができたら、一度ペットボトルを抜いてください。そして、もう一度ペットボトルを穴に指し、同じ作業を数回繰り返行いましょう。この作業を繰り返していくうちに、排水管内の水圧が上がり、詰まっていた固形物が取れるという仕組みです。記事の後半でも紹介しますが、本来は専門の器具を使って排水管内の水圧を調整し、詰まりの原因になっている固形物を取り除きますが、そのようなものが自宅にない場合、ペットボトルを使っても代用することができますので、タオルとお湯を使った方法と合わせて、一度試してみてはいかがでしょうか。タオルとお湯、ペットボトルで詰まりを解消することが出来れば、最も安上がりで、簡単ですね。

パイプユニッシュで汚れを溶かす

詰まりの原因の代表例として、油汚れの説明でもお伝えしましたが、完全に固まりきっていない油汚れなどの場合は、家庭用のパイプクリーナーを使って溶かすことができます。排水溝の汚れを溶かしてキレイにする、と聞いた場合、「あ、パイプユニッシュのことか」と、商品名を思い浮かべた方も多いのではないでしょうか。ジョンソンのパイプユニッシュに代表される、家庭用のパイプクリーナーを使えば、完全に固まっていない汚れの場合、汚れを溶かして水通りを良くすることができます。完全に固まってしまったケースについては、これら市販のパイプクリーナーでは解消されにくいため、大切なのは早めの対策です。それでは、順を追って説明していきます。

排水管の口が見えるようにする

まずは、今まで紹介したタオルやペットボトルを使って水の詰まりを解消する方法の時と同様、排水管を覆っているフタやゴミ受け、ワントラップを取り外し、排水管の口が見える状態に行いましょう。

排水管の穴にパイプクリーナーを注ぎ入れる

パイプクリーナーを注ぐ写真

排水管の穴の中心に、パイプクリーナーを注ぎ入れてください。パイプクリーナーの力で、排水パイプ内の汚れが分解されていきます。また、パイプクリーナーには、漂白除菌の効果もあるため、嫌な臭いや粘り、黒ずみなども落としてくれる効果もあります。
使い方の目安としては、ボトルから直接300から500ml ほどのクリーナーを直接穴に注いでみてください。注いだ後は30分から1時間ほど放置しておきましょう。パイプクリーナーは粘り気のある液体なので、徐々に排水パイプの中を伝っていき、内側に付いた汚れを分解していきます。ここで、変に急いでしまい、パイプクリーナーを注いでからすぐ水で流してしまっては、あまり効果がありません。十分にパイプクリーナーが排水パイプ内を伝い、汚れを分解してくれる時間を待ちましょう。

放置した後、水で流す

30分から1時間程度時間をおいた後に、一気に水で排水パイプ内を流せば完了です。パイプクリーナーのアルカリの力によって、壁から浮いた汚れは水で一気に下水道まで流されていきます。
この方法は、特に磨いたり擦ったりする作業も必要ありませんので、簡単に行うことができます。そのため、オススメするのが、このパイプクリーナーを流し入れ、しばらく放置してから水で流す、という作業を1ヶ月に1回程度行うことで、常に排水パイプの中をきれいに保つことができますので、高い確率で水詰まりを防止することができます。定期的な掃除をすることをお勧めします。

高い効果が期待できるパイプクリーナーとは?

ちなみに、家庭用パイプクリーナーは、もちろんジョンソンのパイプユニッシュ以外にも、たくさん販売されています。より高い効果を期待できるパイプクリーナーの条件を、3つ紹介しておきます。

  1. 液状
  2. ジェルタイプ
  3. 粘土性が高い

上記3点を満たすパイプクリーナーがお勧めです。基本的に粉末のものは避けてください。粉末のものはそのまま溶け残ったりすると、排水管の中で沈殿し、水を流すたびに他の汚れを吸収してしまいます。汚れをキレイにするはずのパイプクリーナーが原因で、排水管の中が余計汚くなってしまっては、元も子もありません。粘度性が高く、ジェルタイプの、液体のものが圧倒的にお勧めです。ゆっくりと排水パイプ内を浸透していき、汚れを確実に落としていってくれます。

薬剤を使って台所の排水溝の詰まりを解消する

ピーピースルーの写真

一つ前の段落では、市販のパイプクリーナーを使った、汚れの除去方法を紹介しました。しかし、排水パイプ内が完全に油汚れや食材のカス等で詰まってしまうと、家庭用パイプクリーナーではあまり効果が期待できません。そこで次におすすめなのが、業務用の強力な薬剤です。排水管内の汚れを落とす、強力な薬剤の代表的なものの一つに、「ピーピースルー」という商品があげられます。これは、水道業者の方も使っている強力な「業務用配水管洗浄剤」で、コンビニはもちろん、残念ながらホームセンターやドラックストアなどでは販売されていません。一般の方がピーピースルーを購入するには、ネット通販を利用することをお勧めします。
このピーピースルーという、洗浄剤にはタイプが何種類かあります。一例を上げると、即効性が高く詰まりを解消するもの、主にメンテナンスの時に使用するもの、寒冷地用のものなんかもあります。状況によって使い分ける必要はありますが、このピーピースルーはパイプユニッシュなどの家庭用パイプクリーナーなどに比べると、圧倒的に即効性が高く、排水管内部の汚れを落とすのに効果的です。
ちなみに、このピーピースルーは、台所の排水溝の詰まりだけではなく、お風呂の排水溝やトイレ、洗濯機の詰まりなど、様々な水回りのトラブルの時に使うことができるので、一つ持っておいても損はありません。ただし、効果が強力な分、危険な薬品であるので、十分注意が必要です。

ピーピースルーの使い方

ピーピースルー使用時の写真

基本的な使用方法は、家庭用のパイプクリーナーの時と大きくは変わりません。ただ、家庭用パイプクリーナーに比べ強力な薬剤ですので、扱いには注意が必要です。当然ではありますが、直接皮膚にかからないように、また目などに飛んでしまわないように細心の注意を払ってください。
ピーピースルーの使い方は、まず排水溝のゴミ受けやカバーワントラップを全て取り外行いましょう。ここまでは家庭用パイプクリーナーの時と同じです。ここでポイントになってくるのが、パイプクリーナーとは違い、このピーピースルーは粉末状の薬剤だということです。そのため直接排水管の中に入れるだけでは、効果があまりありません。排水溝の周りに、ピーピースルーを適量撒いてください。そして、まいたピーピースルーに40度から50度ほどの熱いのお湯で溶かしながら、排水溝の中に流し込んでください。お湯の量の目安は、ペットボトル1本分、500ml 程度で良いと思います。排水溝の周りに巻いたピーピースルーを全て排水管の中に流すことができたら。30分かた1時間程度寝かしておきましょう。心配な方がいれば、一晩中寝かせておいてもかまいません。ピーピースルーの成分が溶け出し、排水管内の汚れを洗浄してくれます。一定時間放置が終われば、水道しばらく出しっぱなしにして、排水管内で浮いた汚れを、一気に下水道まで流してしまいましょう。これで家庭用パイプクリーナーでは除去することができなかった、排水管内部のしつこい汚れを綺麗に流し出してくれます。

ラバーカップを使って詰まりをなくす

ラバーカップと言われると、一見何のことだかわからない方もいるかもしれませんが、写真をみることをオススメします。皆さんも一度はどこかで見たことがあるのではないでしょうか。トイレの横に置いて存在していることも少ないと思います。ちなみに、もしこのラバーカップが自宅にない場合は、近くのホームセンターなので買ってみましょう。ホームセンターでは1,000円から2,000円もあれば買うことができますし、また最近では100円均一などで購入することもできるため、かなり安く手に入れることができます。また、このラバーカップには様々なタイプのものがあり、大きさや形もバラバラです。今回のような、台所の排水溝の詰まりを解消するときに使うものとしては、小さめのラバーカップを購入されることをお勧めします。あまり大きすぎると、きっちり密閉することが出来ず、役に立たなくなってしまうからです。それでは、使い方について説明していきます。ちなみにこのラバーカップも、油汚れや食べかすによる汚れの除去には効果がありますが、フォークや割り箸、爪楊枝などの固形物が詰まりの原因となっている場合には、全く意味がないので覚えておいてください。

ラバーカップの使い方

台所ラバーカップの写真

ラバーカップの取り扱い方はそれ程やっかいなものじゃありません。家庭用パイプクリーナーやピーピースルーを使用する際と同様に、まずは排水口の蓋やゴミ受け、ワントラップなどを全て外し、排水管の口がむき出しになる状態に行いましょう。その状態で、ラバーカップを排水溝にぴったりと当ててください。この作業をしているということは、排水溝が詰まっている時ですから、穴をふさいでいることもあり、そのまま水を流せば、シンクの中にたまっていくと思います。ラバーカップを排水溝にぴったりとつけた状態のまま、ラバーカップが半分くらい水で埋まるくらいまで水を一気にためていきましょう。十分に水がたまれば、ゆっくりとラバーカップを下に押し付けてください。最も下がるところまで押しつけた後、一気に引き上げてください。こうすることで、パイプ内の水が引き上げられる流れが発生します。排水管の中で詰まっていたものが剥がれたり、位置が変わったりし、上まで吸い上げられることによって、水の詰まりが解消されるという仕組みです。この作業を数回繰り返すことで、台所の排水管の詰まりを解消できるケースも数多くあります。ちなみにラバーカップには、強い力は必要ありませんので、女性や子供でも行うことができます。

真空式ポンプクリーナーを使ってつまりを解消する方法

写真をご覧ください。真空式ポンプクリーナーは、一見するとラバーカップと同じような形状をしていますが、ラバーカップよりも強力で効果は抜群な詰まり解消アイテムです。ラバーカップと同様に、この真空式ポンプクリーナーも、台所の排水溝の詰まりだけではなく、トイレや洗面所、お風呂の詰まりなど、あらゆる水回りの詰まりを解消することができる万能道具です。ラバーカップでは何度吸い上げても解消できなかった水詰まりが、真空式ポンプクリーナーに代えたとたん、すぐに解決できるなんていうケースも存在します。ちなみに詰まりを除去する仕組みとしては、先ほどご紹介したペットボトルを使った場合と同様です。

真空式ポンプクリーナーの使い方

真空式パイプクリーナーを使う

真空式ポンプクリーナーの使い方は、まずシンクにお湯を張ってください。排水管が詰まっているはずなので、お湯が流れることはなく、シンクの中にお湯がどんどん溜まっていくと思います。その後、排水口に真空式ポンプクリーナーのカップの部分を押し当ててください。そのままの状態を維持しながら、ハンドルを上下させることによって水圧を変化させて、ハンドルを引くことによって一気に水を引き上げることができます。この水を引き上げる力によって、排水管の中で詰まっていたものが剥がれ落ち、水が綺麗に流れるようになるという仕組みです。
注意するポイントとしては、きちんとカップの部分で排水管の穴を密閉できていないと、排水管内に圧力をかけることができず、何度ハンドルを上下させても、効果がありません。もちろん、この真空式ポンプクリーナーを使う場合も、排水溝を覆っている蓋やゴミ受け、ワンカップはあらかじめ外しておいてください。
真空式ポンプクリーナーも、強い力は必要ありませんので、女性の方にもおすすめの方法になっています。ただ、この真空式ポンプクリーナーをいつも自宅に置いてある、という方もあまり多くはないと思いますので、順序としては、まずペットボトルを使って試していただき、その方法では解決することができない場合、ホームセンターなどにおいて入手する事をご提案いたします。 ちなみに、ラバーカップや真空式ポンプクリーナーは、ホームセンターなので簡単に購入することができますが、更にこれらよりも強力な力を発揮するのが、業務用ローポンプと呼ばれているものです。ラバーカップや真空式ポンプクリーナーに比べると、圧倒的な圧力を簡単にかけることができるため、素晴らしい効果が期待できますが、あくまでも業務用で、プロの業者の方が愛用するアイテムであり、どの家庭にでも置いてあるものでは決してないため、今回の記事の中では名前の紹介だけに留めさせていただきます。

ワイヤーブラシを使って詰まりを解消する

ワイヤーブラシを使う

今まで紹介してきた、水圧や薬剤を使って詰まりを解消する方法を全て試してみたにもかかわらず、それでも台所の排水溝の詰まりが解消できない場合、かなり頑固な詰まりである可能性が高いです。そこで、最後に紹介する方法が、ワイヤーブラシを使って直接詰まりの原因となっている部分を削ることによって、排水管の中に存在する排水の動きを改善する、というようなやり方です。 汚れを直接削る、と聞くと一見難しいように聞こえるかもしれませんが、排水管用のワイヤーブラシは、一般の方でも簡単にホームセンターで買うことができますし、ワイヤーブラシの使い方はそんなに難しくはありません。ワイヤーブラシの先端部分は、らせん状になっています。このらせん状の部分を詰まりの原因となっている汚れの部分に直接当て、かき出していきます。ちなみにワイヤーブラシの反対側は、文字通りブラシになっており、ワイヤー状の先端でかき出した排水パイプ内を、このブラシを使ってきれいに掃除していく、という流れになっています。それでは簡単に、ワイヤーブラシの使い方についてご説明します。

排水管の口にブラシを入れる

ワイヤーブラシを排水管に差し込んでいる写真

何度もご説明してきましたが、まずは排水溝の蓋やゴミよけ、ワンカップを取り外して、排水管の口が見えるように行いましょう。そして排水管の口に、ワイヤーブラシを押し込んでいってください。排水管のつくりは、家庭によって異なりますが、途中でカーブをしているものもあると思います。その時は、ワイヤーブラシが一度止まってしまうかもしれませんが、角度を変えながら押し込んでいき、きちんと排水管の奥まで差し込んでいきましょう。何度かやり直せば、簡単に進んでいきます。
ワイヤーブラシを押し込める限界、そこが詰まりの原因となっている箇所の可能性が高いです。この地点まで到達したら、ワイヤーブラシのハンドルを回行いましょう。このハンドルを回すことによって、ワイヤーの先端がグルグルと回転しだします。らせん状のワイヤーが回転することで、汚れを削り取っていくという仕組みです。これらの作業を繰り返すことによって、汚れで詰まっていた部分に、水の通り道の穴をあけることができます。一度通り道を作ることができれば、ワイヤーブラシのもう一方、先端がブラシになっている方を差し込み、汚れを除去した排水管の内側に残っている汚れをそぎ落とすように掃除していきます。これで、薬品や水圧では除去することができなかった、汚れで詰まっていた部分を直接そぎ落とすことが可能になるのです。排水管の中は、もちろん直接め目で見ることができないので、感覚で進めていくしか方法はありませんが、完全に汚れで水が詰まってしまっているのであれば、詰まりの位置までワイヤーを押し込み、そこで回転させ、汚れを直接削り落とす。この作業ができ、水の通り道を少しでもあけることができれば、そこで改めてパイプクリーナーやラバーカップ、真空式ポンプクリーナーを組み合わせれば、効率よく台所の排水溝の汚れを取り除くことが出来ます。

台所の排水溝の詰まり<予防法>

ここまで、台所の排水溝が詰まった場合の解消法について説明してきましたが、最も良い方法は、台所の排水溝が、そもそも詰まらないように日々の生活の中から「予防」しておくことです。記事の中でも何度か触れてはきましたが、最後に改めて、台所の排水溝が詰まらないよう、予防のために必要なことをおさらいしておきます。

台所の排水口のつまりを予防するために注意するべきこと

台所の水栓蛇口
  • 野菜、果物、肉などの食べカスはシンクに流さない
  • ゴミ受けにはきめの細かいネットを使用する
  • 排水管はこまめに洗う
  • 食器やフライパンについた脂分は、キッチンペーパーなどでふき取ってから洗う
  • ワントラップもこまめに洗う

排水口の詰まりを防ぐために、流すものさえ注意すれば、ある程度予防することができます。特に、台所の排水溝の詰まりの原因で、最もやっかいな油汚れさえ流すことをしなければ、かなり大きな予防効果が期待できます。もちろん野菜の切れ端やお肉の脂の切れ端などもシンクには流さず、ゴミ箱に直接捨てるようにしましょう。
あとは排水菅やゴミ受け、ワンカップなどもこまめに洗い、ベタベタ汚れなどがない綺麗な状態をキープできるようにしましょう。ちなみに、最も簡単な、誰でもできる手入れ方法は、洗い物などで台所を使った後に、お湯を10秒程度流す、という方法です。洗剤の溶け残りや、流れ残りなどを防ぐ効果ができるため、やるのとやらないのとでは大きな差がでてきます。ぜひ試してみてください。

台所の排水口詰まりのまとめ

いかがでしたでしょうか。今回の記事で紹介した、7つの方法を使えばある程度の台所の排水溝詰まりの問題を解消することはできると思います。詰まってしまったら、すぐにお手上げで、業者の方に依頼をしないといけない、と考えるのではなく、まずは一度自分の力で解消できるかどうか試してみることをおすすめします。意外と自分の力で何とかできるものです。
しかし、これらの方法ではどうしても解消できない詰まりの問題も出てくると思います。そんな時は、多少お金はかかってしまいますが、水道業者を呼び、専門器具を用いて作業してもらうことが最も確実な方法です。手間はかけたくない、これ以上トラブルを拡大させたくない、とにかく面倒くさいなど、少しお金がかかってでもプロに任せた方が良いと考えられる方は、水道業者に連絡することももちろん正しい選択です。

関連ページ

地域キャンペーン料金を確認
  • 年中無休・24時間・365日(土日祝日も受付)水道局指定。携帯PHSからもOK。0120-979-058 年中無休・24時間・365日(土日祝日も受付)水道局指定。携帯PHSからもOK。0120-979-058
  • メールでのお問い合わせはこちら
  • TOTO INAX取扱店/VISA MASTER AMEX DINARCE JCB取扱店 TOTO INAX取扱店/VISA MASTER AMEX DINARCE JCB取扱店