中郡大磯町の参考施工事例詳細

今日は、「洗濯機の下が水浸しになっている」という、いわゆる洗濯つまりの案件です。

早速、ご依頼のお宅へ車を走らせます。洗濯つまりは、2階建以上の場合、放置しておくと下のお部屋へも影響が出ますので、迅速に対処しなければなりません。
さて、今回のご依頼人は、湘南海岸に沿った風光明媚な街、中郡大磯町。箱根駅伝なんかでお馴染みの海岸を走る国道沿いではなく、少し北側に入った、畑と住宅が混在するエリア。ご依頼の現場は築年数はかなりの戸建て住宅。古くからの住人のようで、最近の建売タイプの住宅ではありませんでした。
到着後、早速お話を聞いて現場を見せてもらいます。洗濯機は最近流行のドラム式のものが、一階の勝手口の横に設置してありました。マンションなんかに見られるような洗濯パンではなく、土間の様な部分に直置きしてありました。
洗濯機周辺の水漏れで気を遣うのは、洗濯機そのものの故障。これは電器屋さのお仕事で、我々はとても手に負えません。
現場の状況を確認したところ、洗濯機の故障ではないようです。つづいて給水栓からの水漏れも結構あるので調べます。こちらも異常がありません。ちゃんと洗濯機用の水栓が取り付けられていました。
お話を聞いていて一番疑わしかった部分に取り掛かります。お話によれば、「排水」の時に水が機械の下から流れ出すとのことでした。
排水部をチェックしますが、排水管の部分が真下になっていてよく見えません。
仕方がないので、許可をいただき洗濯機をのけます。ドラム式洗濯機というものは重たいんです。なんとか横へのけて、排水部分を見ると、排水口が大きな口を開けており、そこへ直接洗濯機の排水管が投げ込まれていました。
試しに水を直接流してみると、どうも何かが詰まっていて、水の流れが悪い状態のになっているみたい。排水口の先、外のある排水升を確認すると、ちょろちょろと流れていることがわかりました。何かが洗濯の排水口と、排水升の間に詰まっている様です。
作業内容はワイヤーブラシや洗浄などの方法があります。
今回は洗浄が適してと判断したので、ご依頼人に説明して開始です。
洗濯の排水より入れると逆流するので外の升よりノズルを少しづつ、洗浄機の先端を入れていくと、排水から、何かが流れる音の後、洗浄機からの水が勢いよく流れてきました。詰まりが解消したようです。管を洗浄して、高圧洗浄を終了します。升もきれいに清掃しておきます。去年の大雨の時に泥水が侵入したのか、結構な量の落ち葉や泥も溜まっていました。今回の詰まりとは関係なっかった様ですが掃除しておくに越した事はありません。 綺麗に流れるのを確認して、元通りに排水管を戻します。重たい洗濯機を慎重に戻し、水平を確認して作業を終えました。

 

※画像をクリックすると大きい画像でご覧いただけます。

[記事一覧を見る]

  • 年中無休・24時間・365日(土日祝日も受付)水道局指定。携帯PHSからもOK。050-5272-3294 年中無休・24時間・365日(土日祝日も受付)水道局指定。050-5272-3294
  • 携帯PHSからもOK050-5272-3294
  • メールでのお問い合わせはこちら
  • TOTO INAX取扱店/VISA MASTER AMEX DINARCE JCB取扱店 TOTO INAX取扱店/VISA MASTER AMEX DINARCE JCB取扱店
PAGE TOP