清瀬市の参考施工事例詳細

トイレの便器内に水が流れ続ける原因

トイレの水漏れの症状は、場所によって対処方法が違います。
今回は清瀬市にお住まいのお客様宅で、便器に流れ続ける水漏れのトラブルに対応しました。
「水がチョロチョロと流れ続けているので、急いでみてください」と、女性の方からのご連絡でした。
この症状は意外と多いトラブルで、主な原因は2つ考えられます。
タンク内にある部品の一つでが、何らかの原因で動作不良になっていると、流れ続ける原因になります。
もう一つの原因はフロートバルブなどの劣化によるものです。
材質はゴムの栓で、年月が経つと消耗しやすい素材です。
続けて何度も水を流したりすると、フロートバルブに繋がっている鎖が絡まって、浮いた状態になり水が流れ続ける症状に繋がります。
これが一つ目の原因でよくある、事例です。
お客様に、思い当たることがないか電話で確認しましたが、全くないようでした。
タンクを空けるようなことも、内部を触るようなこともしていないとの話でしたので、劣化が原因に思われました。
お客様は戸建て住宅にお住まいですが、築年数は30年以上とのことで、その可能性は高い状況です。
修理できる準備を整え、すぐにお伺いしました。
高齢の奥様が出てこられ、現在は一人でお住まいとのことでした。
どうしてよいか分からないため、急いで当社にご連絡いただいた様です。
早速、タンク内を確認すると、鎖やその他の部品は正常な状態でした。
手でこすって確認すると、やはりゴムが傷んでいました。
手で触ると、ボロボロとした感触がありました。
その状態をお客様にも見ていただき、原因の説明をさせていただきました。
概算見積もりを提示していましたが、この原因での正確な見積もりをお伝えし、お客様にも納得いただけました。
事前見積りをしっかり行い、原因を目で見ていただき、丁寧に説明することで、お客様は安心されます。
見積もりの了承を得られたので、フロートバブルを新しいものに交換する作業を行いました。
タンク内は、トイレのハンドルを回すと水が流れる仕組みになっており、鎖が絡んだり、部品が破損すると正常に機能しない原因になります。
交換作業を行い、タンク内を正しい状態に戻し、止水栓を開けて状態を確認すると、水漏れはなくなりました。
やはり原因は、フロートバブルの劣化でした。
作業は短時間で行え、適合する部品の調達ができ、方法が分かっている方であれば自分でも修理は可能です。
しかし部品が合わなかったり、タンク内を正常な状態に戻さないと、修理できないことがあります。

 

※画像をクリックすると大きい画像でご覧いただけます。

[記事一覧を見る]

  • 年中無休・24時間・365日(土日祝日も受付)水道局指定。携帯PHSからもOK。050-5272-3256 年中無休・24時間・365日(土日祝日も受付)水道局指定。050-5272-3256
  • 携帯PHSからもOK050-5272-3256
  • メールでのお問い合わせはこちら
  • TOTO INAX取扱店/VISA MASTER AMEX DINARCE JCB取扱店 TOTO INAX取扱店/VISA MASTER AMEX DINARCE JCB取扱店
24時間・365日(土日祝も受付)