ブログ

ブログ

滋賀県彦根市でトイレにてすりをつけたいなら

こんにちは。
毎年ひこにゃんに200個近いバレンタインチョコレートが届いていると知り、非常にうらやましく感じる生活水道センター技術スタッフです。
私が担当している彦根市は滋賀県の東部にあるまちであり、長年にわたって徳川家の譜代大名である井伊家が治めてきました。
2021年のNHK大河ドラマ「青天をつけ」では、当時の大老だった井伊直弼が桜田門外の変で打たれてしまうシーンもあり、話題を集めていましたね。
さらに、2017年のNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」は、後半に彦根藩・初代藩主、井伊直政が登場し。
菅田将暉さん演じる熱い直政の姿を覚えていらっしゃる方も多いのではと思います。
そんな彦根市内には今でも彦根城をはじめ、昔の宿場町や城下町の面影が深く残り、国土交通省が選定する歴史まちづくり法の対象地域としても選ばれています。
また、市のマスコットひこにゃんは、日本におけるゆるキャラブームの火付け役ともされており、今はコロナ禍で多少の接触制限がされているものの、彦根市民のみならず広く人気を集めています。
では、もしそんな彦根市において、トイレのリフォームを機に、使いやすい手すりをつけたいと考えたならば、どうしたらよいでしょうか。
実は生活水道センターにも、 「両親が年を取ってきたので、和式トイレを洋式トイレにしたい」 「立ち歩きが大変そうなので、トイレにも手すりをつけたい」 といった御相談がよく寄せられます。
よく、御高齢の方が下の問題で、おむつをつけるのを非常に嫌がられるといったお話をお聞きしますが、やはり自分でトイレに行って用を足すということは、人間の尊厳にも関わる部分ですので、例え時間がかかってもなるべくご自分の力でできるとよいでしょう。
ただ、トイレにいく途中や用を足した後などに転んでしまっては本末転倒です。
そこで、生活水道センターのHPには(こちら)、トイレに手すりをつける際に注意すべきことや、知っておくとなにかと役に立つ介護保険の申請について、あるいはDIYで手すりをつける方法などを分かりやすく解説しています。
もしも業者に依頼しますと、3万円から10万円ほどはかかる手すりつけ工事ですが、介護保険の住宅改修制度の使用が認められますとなんと負担が10%ほどで済んでしまうかもしれません。
ただ、制度の利用上には注意すべきこともありますので、ぜひ生活水道センターのHPの記事をひととおり目を通していただいてから検討されるとよいでしょう。

新着ブログ

  • 年中無休・24時間・365日(土日祝日も受付)水道局指定。携帯PHSからもOK。050-5272-3284 年中無休・24時間・365日(土日祝日も受付)水道局指定。050-5272-3284
  • 携帯PHSからもOK 050-5272-3284
  • メールでのお問い合わせはこちら
  • TOTO INAX取扱店/VISA MASTER AMEX DINARCE JCB取扱店 TOTO INAX取扱店/VISA MASTER AMEX DINARCE JCB取扱店
PAGE TOP