ブログ

ブログ

栃木県足利市で洗濯機の排水つまりで悩んだ時は

はじめまして。
星の数ほどある類似サイトのなかから当ページを御閲覧いただき、とっても感激しています。
私は今、栃木県足利市において、生活水道センターの技術スタッフとして、地域の方々の快適な水廻り生活を守るお手伝いをしています。
足利市は栃木県の西南部に位置しており、南側には関東平野が、そして北側には足尾山地が広がっています。
そして市域のちょうど真ん中あたりを渡良瀬川が流れています。
そのため、渡良瀬川をはさんでそれぞれの住民は、川の向こう側のことを「川向う」などと呼んでいるみたいですね。
一応栃木県なのですが、立地的にはとなりの群馬県に近く、特に太田市などは、過去に県の境を越えて合併しようかといった話まで出たほどです。
そして、「足利」の名のとおり、室町幕府を開いた武家である足利氏のゆかりの地でもあります。
その足利氏の手によって広められたのが絹の生産であり、これは近代、この地に織物業が栄えるもととなりました。
そんな足利市民が「学校様」と言って尊敬するのが、中世に設立された高等教育機関である「足利学校」です。
これはその時代の関東エリアにおいて、最高学府的役割をになっており、宣教師のフランシスコサビエルが「日本国内最大で最高の足利学校アカデミーだ」と称したのだとか。
ところで、そんな足利市において、もしも洗濯機の排水がなかなか流れていかなかったらどうしたらよいでしょうか? 実は洗濯機の1回あたりの排水量というのは、当然洗濯機のタイプや洗い方によっても大きく変わるのですが、だいたい1回あたり70リットルから100リットル前後にもなるそうです。
もしも、これだけの量の水がしっかりと流れていかなければ、たちまち床は水浸しになりますし、集合住宅の場合は、下や隣の住民への被害も心配です。
ただ、洗濯機の排水溝トラブルは、意外と簡単に直せてしまうんです。
だから、もしも身近なところに洗濯機を持ち上げるのを手伝ってくれる家族や友人がおられる場合には、まず当社のホームページを参考に、つまりを取り除く処置をされることをお勧めします。
方法としては、薬品を用いたり、ブラシなどをつかって地道に汚れを取り除くといったものがあります。
いずれもそんなに難しい方法ではありませんし、特別な技術もいりません。
薬品等も、ホームセンターやネットで簡単に手に入れることができるでしょう。
さらに、洗濯機の排水溝がつまるということは、おそらく洗濯槽本体にも汚れがたまっているはずです。
きちんと洗濯をしているのに、洗濯ものがなんだか臭うなあとお感じなら、ついでに洗濯槽もお手入れされてはいかがでしょうか。
   

新着ブログ

  • 年中無休・24時間・365日(土日祝日も受付)水道局指定。携帯PHSからもOK。050-5272-3298 年中無休・24時間・365日(土日祝日も受付)水道局指定。050-5272-3298
  • 携帯PHSからもOK 050-5272-3298
  • メールでのお問い合わせはこちら
  • TOTO INAX取扱店/VISA MASTER AMEX DINARCE JCB取扱店 TOTO INAX取扱店/VISA MASTER AMEX DINARCE JCB取扱店