料金

トイレ水漏れの際に必要になる費用修理代を詳しくご紹介

 

トイレの水漏れは水回りのトラブルの中でも、比較的頻繁に起こるトラブルの一つです。少ししか漏れていなくても、水漏れを放っておくと水道料金が大幅にアップして、青ざめてしまうことになるかもしれません。そうなりたくない人は、すぐに修理をすることを考えたほうがいいでしょう。ですが、だからといって、修理業者を適当に決めると悪い業者にあたってしまうかもしれません。修理費用をぼったくりする悪徳修理業者に騙されないように、この記事を参考にしてみてください。

トイレ水漏れの際に必要になる費用修理代はどんなものがある?

トイレの水漏れ

 

トイレの水漏れを修理するときにかかる費用は、基本手数料、作業手数料、部品費用などが挙げられます。業者によっては「基本手数料無料」などの体制になっているものもありますが、基本的にはこの3つの合計が支払う修理費用になってきます。最終的な支払い金額は、作業員が水漏れの状態を確認して作成された見積もりの金額となります。

 

基本手数料

まず基本手数料です。これは、基本的にはほとんどの業者が設定している料金で、どの修理をする場合もかかります。この手数料については割引をしている会社も多く、WEB申し込みで安くなったり、キャンペーンなどで安くなっていることがあります。修理内容によっては、一律ではなく高かったり安かったりする業者もあるようです。相場は2,000円のところもありますし、8,000円のところもあります。気をつけたいのは、「基本手数料が安いから」という理由だけで選ばなことです。なぜなら、基本手数料を安く見せて、ほかの料金が高くなっているという業者もあるからです。一番大事なのは健全な経営を行なっているかどうかです。悪い業者に頼んでしまった場合、高額な料金を払う羽目になったり、修理がずさんで再修理となってしまったりで高くついてしまうこともありますので、その点を忘れないようによく確認してください。

作業手数料

作業手数料は、作業内容に対してかかってくる料金で、単純に作業が難しかったり大掛かりな作業になってしまったり、専用の機材を使用しなければならないときほど、作業手数料も高くなっていきます。そのため、相場は元々の業者の設定金額によっても異なりますし、修理方法によっても異なります。後ほど、水漏れ内容別の金額を紹介しますので、それを参考にしてください。

 

部品費用

部品費用は修理で交換が必要になった部品の材料費です。水漏れトラブルでは、パッキンなどの部品交換が必要になるケースが多いため、部品代がかかることがあります。部品一つなら数千円で済む事もあるのですが、複数交換が必要になったケースや、トイレタンク・便器などの高価な設備が亀裂により交換になった場合は、この費用が高額になっていきます。

 

見積もり手数料について

水道修理だけに限らず、どこの業界でも見積もり手数料は無料というのが一般的ですので、見積もり手数料を有料にしている業者はほとんど見かけません。見積もり手数料を要求してくる業者が悪いとは一概にはいえませんが、見積もりを見て修理を決めたい人がほとんどだと思いますので、見積もり無料の業者に依頼するほうが無難といえます。

延長料金に注意!

あまり一般的ではありませんが、中には延長料金を請求する業者もあります。これ自体は、前もって説明があったりホームページに記載されていれば、特に問題はありません。見積もりを出した時点で考えていたよりも、複雑な修理が必要になった場合に部品交換の追加や延長料金を追加するということですね。ですが、これは業者側が事前に水漏れの原因をしっかり見抜けなかった可能性もありますので、そういう業者には頼まないほうがいいかもしれません。もちろん、延長料金に事前に納得しているなら、支払いをしてもいいでしょう。でもできれば延長料金不要のところに依頼したいですね。

トイレ水漏れが起こったときの修理費用修理代の相場

見積中

水漏れの修理に実際にかかる費用はいったいどのくらいなのか、気になるところですよね。結論からいうと、業者によって差があるのが普通ですので、はっきりといくらと言うことは難しいです。ですから、大体の相場をご紹介しますので、参考にしてください。トイレの水漏れが起こったときに必要になる費用は、安いもので5,000円ぐらいで済むこともありますが、修理が難しくなったり新しく交換する部品の値段によっては、数万円になることもあります。トイレではどのような水漏れがあるのか、また状況別にかかる費用の相場をご紹介していきます。

 

ウォシュレットからの水漏れ

ウォシュレットを取り外すぐらいならそこまで難しくありませんが、ウォシュレットは水回りの電化製品ですし、とてもデリケートなものですので、素人が自分で修理をしようとすると帰って状況を悪くしてしまったり、壊れてしまう場合もあります。ウォシュレットとして機能しなくなった場合は、新しいものに交換する必要があり、30,000円〜79,800円の費用が追加されますので、注意して下さい。ウォシュレットの修理を業者に依頼する場合の相場は、だいたい8,000円〜16,000円くらいになります。

 

便器と床の隙間の水漏れ

便器と床の隙間から水漏れしているなら、便器にヒビが入っているためにそこから水が漏れている可能性があります。便器にヒビが入ることは多くありませんが、毎日人が座るため負荷がかかってしまいます。そのままにしておいても悪化していくだけですし、水漏れを塞ぐのは難しいため、多くの場合便器を交換しなければならないでしょう。便器の交換は手間がかかりますので、30,000円〜50,000円程度の作業手数料がかかります。また、便器自体の価格も100,000円〜300,000円程度かかりますので、合計で130,000円〜350,000円ほどかかると考えておきましょう。作業手数料はできるだけ安く設置してくれる業者を探し、便器は安いものを選べば、費用を抑えることは可能です。

 

トイレの床が濡れているのを見つけた時は、タンクや便器が結露を起こしたことにより水滴が床に垂れて濡れている事もあり得ます。また、床下部分の排水管のところから水漏れした事により、床が濡れてしまうケースもあるのです。軽度なものだと、排水管を接続している部分のパッキンが、経年によりダメになってしまっただけだったり、便器の設置不良やナットが緩んでいるだけというケースもあるのです。フランジ部分という排水管を接続する部分の部品はプラスチックですので、時間が経つと破損しやすくなります。修理費用の目安は18,000円くらいです。いずれにせよ、この水漏れの原因を素人が判断するのは難しいため、業者に確認してもらうほうが安心です。

 

トイレタンクからの水漏れ

水を流さないのに、タンクから便器内へ水漏れが起きている場合、フロートバルブやそのチェーン・浮き球・ボールタップなどの部品を変えると改善することが多いです。そのときの修理相場は8,000円〜11,000円くらいです。このとき、トイレタンクを脱着する必要があれば、それだけ料金は高くなります。脱着ありの場合は、それだけ作業者の手間と時間がかかりますので、11,000円〜16,000円ほどの相場になり、脱着なしに比べて料金は高くなってしまいます。

 

トイレのタンクに繋がっている給水管が水漏れを起している時は、継ぎ目の内部のパッキンが老朽化している可能性が有る為、それを交換することで直ることがあります。更に、トイレタンクの水を流すためのレバーハンドルから水が漏れているときは、パッキンの劣化か、オーバーフロー管の問題が原因の可能性もあります。パッキンだけの交換なら、だいたい5,000円ほどで修理可能です。オーバーフロー管の場合は5,000円〜7,000円ほどの相場となっています。パッキンに問題がない場合は、単に接続部のナットが緩んでいるだけかもしれませんので、自分で修理も可能です。

 

トイレのタンク底(便器接続部分)より水漏れを起している時は、同じくパッキンを交換して済む事が一般的ですが、タンク自体から水漏れしている時は大変です。タンクを交換しなければならないかもしれません。タンクを交換できるのは、タンクと便器が分かれている種類のトイレです。交換費用は、35,800円〜169,200円とそれなりに高額です。古いタンクを処分する費用や、トイレが古いものだった場合は、同じ型のタンクが手に入らないことがありますので、便器を丸ごと変えなければいけないケースもあり、そうなると100,000円を超えることもあります。多くの出費が必要になりますが、いっそ新しくしてしまったほうが、次の修理を気にしなくてもよく、また長く使えるためいいかもしれません。

 

大便器や小便器のフラッシュバルブの水漏れ

大便器や小便器のフラッシュバルブとは、日本の和式便所で以前良く見られた形の、水を流すためのレバーです。一部の洋式タイプのトイレにもこのレバーがついていることがあります。近年は洋式のトイレが多くなっていますので、一般的な最近の家ではもうあまり見られなくなりましたが、学校や駅のトイレではいまだに使われています。一般の住宅でも昔に建てられた家は、このタイプの便器もありますので、長く使っている場合はこのフラッシュバルブ部分から水漏れを起こすこともあります。この部分からの水漏れは、比較的発生しやすいものですので、水漏れが起こった場合はすぐに修理を検討しましょう。

 

フラッシュバルブから水漏れが起こっている場合、原因はナットが緩んでいるだけのこともありますので、確認してみましょう。緩みが見られないなら、部品を交換する必要がありますが、その際の修理費用は8,000円ぐらいになります。

 

調整作業

トイレの修理項目として、他に調整作業というものがあります。トイレの調整作業とは、水を流したときに上手く排水されているか、または上手く給水されているかなど、しっかり機能しているかを確認する作業となります。例えばフロートバルブのチェーンが絡まって機能していない場合は、その絡まりをほどくといった作業も調整作業の一つです。部品代は含まずに5,000円〜8,000円くらいが相場です。

 

トイレ水漏れの修理費用を安くするためには?

和式トイレ

修理を検討している人の中には、少しでも安く修理したいという人も多いと思います。ここでは、修理費用を安くするちょっとしたテクニックをご紹介します。

 

自分で修理する

トイレ水漏れが起きたときに、修理費用を一番安くする方法は自分で修理することです。簡単な部品交換や、ナットの締め直しなど、知識がなくても自分でできることはありますので、挑戦してみてもいいかもしれません。自分で修理する方法は、インターネットで調べることもできますし、当サイトでもご紹介していますので参考にされてください。自分で修理するメリットは自分で修理できるなら安く済むことですが、デメリットは自分で修理しようとして、かえって悪化させてしまい、結局当初よりも高い修理費用を払わなくてはならない可能性があることです。ですから、自分で修理する場合は自己責任でやらなくてはいけません。

 

割引やキャンペーンを行なっている業者を利用する

オンライン割引や、基本手数料無料キャンペーンなどを行なっている業者だと、大幅に修理費用を節約できる場合があります。依頼時にウェブを見たと言うだけ、10周年記念、期間限定などのキャンペーンを行なっている会社がないか探して、できるだけお得に修理してしまいましょう。

 

時間外の修理を避ける

トイレは一日中使うものですので、深夜に目が覚めてトイレに行ったときに水漏れが発生してしまったというケースもないわけではありません。水道修理の業者は深夜1時、24時間など電話受付をしているところも多くあります。また、会社によっては修理自体も夜に対応してくれるところもあるんですね。ですが、そういったサービスを行なっている会社だと、時間外料金を払わなくてはいけないことがあります。値段は3,000円〜10,000円と幅があり、3,000円ならまだ納得できますが、10,000円となると依頼するのを少しためらってしまうのではないでしょうか。そういうときは、水道の元栓である止水栓を止めてしまうことで、一時的に水漏れを止める事が出来ます。「止水栓ってどうやって止めるの?難しそう・・・」と考える人もいるかもしれませんが、女性でも簡単にできます。マイナスドライバーで右回り(時計回り)に回らなくなるまで回すだけです。止水栓を止めてしまうとトイレは使えませんが、一晩待って朝に修理を依頼すれば、時間外料金を払わなくて済みます。


悪徳修理業者に騙されないために

料金チェック

最近は自社サイトを持っている業者が多いため、修理を依頼する前にどんな業者なのか確認することができます。ここでは、悪徳修理業者に騙されないためのチェックポイントをご紹介します。

 

見積もり後に金額が変わらないか確認すること

トイレ水漏れの修理を依頼するとき、優良な業者なら「見積もり後に追加で費用をもらうことはありません」などと謳っており、見積書に書かれた金額以上のお金を請求されることはありません。そのように謳っていない会社が悪い会社だというわけではありませんが、公にそう言っている会社のほうが安心して頼めますよね。逆に言えばこれは「健全な経営をしていますよ」というアピールともいえますので、こういうところに依頼するほうがいいですね。

 

出張費やキャンセルポリシーを確認すること

キャンセルを受け付けていなかったり、高額なキャンセル料や見積もり料金を請求してくる業者もいます。優良業者でもキャンセル料が発生する場合もありますが、その点についてどういうケースでいくらのキャンセル料が発生するのか、明確に開示している業者を選ぶようにしましょう。ちなみに、出張費の相場は時間外を除き2,000〜3,000円が多いため、選ぶ際の参考にしてください。

 

会社概要や利用者の声を確認すること

例えば会社の代表者の写真などがあれば、安心して依頼できますよね。悪徳業者は後ろめたいことをやっているわけですから、そういったものを公にできないのですね。

 

また、水道の修理だけに限らず、物を買うときは購入者のレビューを参考にしますよね。サービスも同じで、利用者の声をウェブサイトに記載している会社だと安心できます。利用者が多いほど、安全な会社だということになりますので、依頼もしやすくなりますよね。そのため、選ぶときにはレビューを記載している会社を選びましょう。実際の修理記録を載せているサイトも信用できますね。

 

修理内容に対してしっかりと説明ができるか

トイレ水漏れの場合、フロートバルブなどの部分的な部品の交換だけで直るケースも多くあります。悪い業者の場合、そういった軽度な水漏れに対しても「新しい便器・新しいタンクに交換する必要がある」「大規模に成る工事が必要です」などと言って、不当な費用を要求してくる場合があります。

 

こちらの知識がないのをいいことに、弱みにつけこんで高額な料金を請求してくる業者が存在しているのも事実ですので、注意しなければなりません。ちゃんとした会社の作業員なら、ここが悪くて水漏れしているというのを実演的に見せてくれたり、実際に部品が劣化している様子を見せてくれたりします。逆に作業内容の説明がなかったり、適当だったり、あまり明確にしてくれないなら、注意が必要です。

 

こういった業者の作業員に、「なぜ便器やタンクの交換が必要なんですか?」と聞いても、説明があまり明確でなかったり言葉に詰まったりしますので、怪しいと思ったら修理を断って別の優良業者に依頼しましょう。そういった業者に騙されない一番の方法は、どういうときにどんな修理をするか、またその修理相場を知ることです。専門用語や部品の名前を聞いても良くわからない、相場を知らないから高いと感じても「そんなものなのかも・・・」と思ってしまうかもしれません。いきなりのトイレ水漏れが起こると、焦ってしまいよく確認せずに依頼してしまう場合もあるかと思います。ですが、多くの水漏れは止水栓を止めれば、一時的に止めることはできます。もちろんその間トイレを使うことはできませんが、止水栓を止めたあとにゆっくり調べて選ぶという方法だと、悪徳業者にひっかかる可能性を下げることができます。

 

納得できなければしっかりと拒否すること

多くの場合、トイレの水漏れ修理をする前に、現場を確認してもらい作業内容を確認したうえで、見積もりをもらうことになると思います。見積もりをもらった時点では、まだキャンセルできるのが普通です。ちょっとでも怪しいと思ったら、思い切ってキャンセルすることも必要です。日本人の特に女性は断るのがあまり上手くありません。「なんだか断りづらい気がする」「せっかく来てもらったのに悪いから・・・」「押しに弱くて断れなかった」などの理由で断れない人が多いのです。ですが、もし相場よりも高額だった場合は大きな痛手になりますし、その後のダメージを考えると、少し勇気を出して断ったほうが被害は少なくてすみます。断るのは一瞬ですが、大きな支出があったという事実はずっと残り続けますので、家計に影響を与えることになるのです。

 

まとめー修理は健全なところに依頼しよう

トイレの水漏れの修理費用は、原因によって大きく値段が変わってきます。便器の交換などになると、本体価格だけでなく作業手数料や処分費用も加わって高額になってしまうのです。そういう状況で、悪徳業者に依頼してしまうと、信じられないような請求をされてしまうでしょう。そういった被害を防ぐためにも、今回の記事を参考にして、健全な業者に修理を依頼してください。

キャンペーンの詳細

関連ページ

地域キャンペーン料金を確認

  • 年中無休・24時間・365日(土日祝日も受付)水道局指定。携帯PHSからもOK。0120-979-058 年中無休・24時間・365日(土日祝日も受付)水道局指定。携帯PHSからもOK。0120-979-058
  • メールでのお問い合わせはこちら
  • TOTO INAX取扱店/VISA MASTER AMEX DINARCE JCB取扱店 TOTO INAX取扱店/VISA MASTER AMEX DINARCE JCB取扱店

ページトップへ戻る
PAGE TOP