ブログ

ブログ

埼玉県入間市にて古い給水管を交換したいなら

こんにちは。
似たようなサイトが数多く存在するなかで、当サイトを見に来てくださり、とっても感謝しております。
私は今、埼玉県入間市において、生活水道センターの技術系スタッフとして地域の方々の水廻り環境のサポートをさせていただいております。
入間市は埼玉県の南西部にあるまちです。
市内には狭山丘陵、さらには加治丘陵といった豊かな自然があるんですよ。
市域の約10%を茶畑が占め、国内で有数の名茶である「狭山茶」が育てられています。
ただ、なんで狭山茶の産地なのに、さらには狭山丘陵もあるのに、市名が入間市なのかというと、それはまあ、いろいろあったわけですよ。
合併するはずだった狭山市との交渉が、もう市役所の位置も市の名前も決まっていたというのに直前で決裂してしまい、結果的に両市の地名と市名が逆になるというややこしさ。
こんな入間市にはかつて、「ジョンソン基地」と呼ばれるアメリカ基地がありました。
その後、1978年に日本側に全面返還され、いまでは主に自衛隊の入間基地になりました。
毎年11月3日に開かれる航空祭においては、ブルーインパルスによる飛行が市民や多くの航空ファンたちを楽しませてくれています。
(2020年の航空祭は中止でした)。
また、市内にはかつての米軍基地の一部が「彩の国入間公園」に整備されたんです。
さらにその周辺はアメリカンな雰囲気がただよう住宅街になりました。
市内にはコストコや三井アウトレットパークなどもあるため、市内外から多くの若者や家族づれがショッピングに訪れるようですよ。
そんな入間市ですが、もしも朝、水を飲もうとして水道管をひねったところ、赤黒い水が出てきたら、どうしたらよいでしょうか。
実はこれは、ご使用の水道管がかなり古くなっていて、その管の中から鉛やさびが溶け出している状態であると考えられます。
水のにごりだけなら浄水器をつけることで対応する手もありますが、そこまで古い水道管ですと、天井や壁の中、地中などで水が漏れだしている可能性も否定しきれません。
実は最近、私のアパートにも、よく住宅メーカーなどからのチラシが投函され、 「住宅を買えば、家賃分の収入がタダになりますよ!」 といった謳い文句が書いてあることがあります。
しかし、仮に新築の家を買って30年ローンで返済するとなると、ローンを返済し続ける一方で、年々古くなっていく家の改修や修理費用も同時に用意しなければならないということになります。
家電は10年も使えば寿命が来ますし、給水管も30年も使えば当然水もれなどの対応も必要になります。
こうした場合、水道管の水漏れを資格のない一般の方が修理するのは困難です。
お困りの際は、ぜひ生活水道センターまでご連絡ください。
 

  • 年中無休・24時間・365日(土日祝日も受付)水道局指定。携帯PHSからもOK。050-5272-3292 年中無休・24時間・365日(土日祝日も受付)水道局指定。050-5272-3292
  • 携帯PHSからもOK 050-5272-3292
  • メールでのお問い合わせはこちら
  • TOTO INAX取扱店/VISA MASTER AMEX DINARCE JCB取扱店 TOTO INAX取扱店/VISA MASTER AMEX DINARCE JCB取扱店