トイレの水が止まらない

トイレの水が止まらない…

トイレを使ったあと、しばらくして前を通ったら、何やら水の流れる音がする…こんな経験はありませんか?
レバーはきちんと戻したはずなのに、いつまでも水が流れていたり、トイレを使ってもいないのに水が流れるなど、トイレタンクのトラブルには事欠きません。水が流れ続けると水道代もかかってしまいますので、流れっぱなしの状況は早めに改善したいですよね!
ここではトイレタンクが原因のトラブルについて、原因と対策を確認しています。
自分でできる対処法を知っておけば、いざという時に役立ってくれるでしょう。

トイレの水が止まらない原因のほとんどはトイレタンク

犯人はトイレタンク?!
トイレの水の流れが止まらない…そんな時は、まずトイレタンクを疑って間違いなし!です。トイレタンクには意外とたくさんのパーツが収まっています。それらのパーツが、劣化したり位置がずれたりして正しく機能していないと、水が止まらないなどのトラブルが起こります。
また、意外と多いのが、節水のためにトイレタンクにペットボトルを沈めたことによるトラブル。
この場合は、ペットボトルがタンク内のパーツの動きを邪魔していることが考えられます。
節水のつもりが、逆に水をたくさん流すことになってしまうなんて、本末転倒ですよね!はずしておいた方が無難でしょう。水の流れが止まらない時は、そっとトイレタンクのフタを開けて、中を見てみましょう。もしかしたら、意外と簡単にトラブルが解決するかもしれませんよ。

自力でできる対処方法は?

自分でチェックしてみましょう
水の流れが止まらない時、最初にするのは止水栓を閉めることです。
水が止まったら、タンクのフタを開けて中を見てみましょう。
最初にチェックするのは「浮き玉」です。
「浮き玉」とは水がたまっていれば上部に浮いている球状の部品です。
これが正しく機能しないと水が正常にたまりません。
次にタンクのいちばん下のパーツをのぞいてみましょう。
そこには「浮きゴム」「ゴムフロート」などと呼ばれる、タンク内の水の流れを止める栓の役割をする部分がついています。
よくあるのが、何かの拍子にきちんとはまらなくなってしまうトラブル。
この場合は正しくはめ直すだけで解決できます。
しかし万が一破損していると、そこから水が流れてしまいます。
最後にチェックするのは浮き玉の根元部分の「ボールタップ」。
ボールタップは、タンク内の水をコントロールするパーツです。
浮き玉にも浮きゴムにも問題がない場合は、ここをチェックし、不具合がないか確認しましょう。
いずれのパーツも、ホームセンターなどで部品を調達できます。
必要に応じて交換すれば、きっとトラブルは解消できるでしょう!

自分での対処が難しい場合は?

自分では難しい、と感じたら…
トイレタンクのトラブルは、本体に損傷がない限り、自分で部品交換をすれば解消します。ただ、もともと狭いトイレという空間の中の、さらに狭いトイレタンク…その中に水とたくさんのパーツが入っていることで、交換が難しい!という方もいると思います。
無理をして頑張って、かえってほかの部品を傷つけるなど、状況を悪化させることも考えられます。もし難しいと思ったら、生活水道センターへ連絡しましょう!
放っておくと水道料金がどんどん上がってしまいます。
早めの対策を。

関連ページ

地域キャンペーン料金を確認
  • 年中無休・24時間・365日(土日祝日も受付)水道局指定。携帯PHSからもOK。0120-979-058 年中無休・24時間・365日(土日祝日も受付)水道局指定。携帯PHSからもOK。0120-979-058
  • メールでのお問い合わせはこちら
  • TOTO INAX取扱店/VISA MASTER AMEX DINARCE JCB取扱店 TOTO INAX取扱店/VISA MASTER AMEX DINARCE JCB取扱店