愛媛全域の参考施工事例詳細

愛媛県にて洗濯排水つまりにお困りのお客様のところで修理を行いました

今回は洗濯排水のつまりの修理事例です。御依頼主のお宅は愛媛県内です。洗濯排水のつまりは出張修理を行うなかでもかなり高頻度で見かける水回りトラブルのひとつです。洗濯排水がつまると、洗濯機も警告音が鳴ってしまって洗濯ができなくなってしまうことがあります。お客様のなかには洗濯機の故障だと勘違いしてしまって、洗濯機修理の依頼をしてしまうかたも多いようです。確かに洗濯機が動かないという事態になれば、誰もが洗濯機の故障を疑うのではないでしょうか。

ですが実際には、洗濯機の故障よりも洗濯排水のつまりが原因であることがほとんどなのです。ここで家電修理を依頼するか、水道修理を依頼するかで大きな違いがでてきてしまいます。洗濯機のエラーが出た場合は、まず洗濯排水のつまりを疑うことをおすすめします。その際には修理は、洗濯機を動かさなければならないことを考えると、無理に洗濯機の移動をせずにプロの水道修理屋に速やかにご依頼いただくと安心です。

洗濯排水のつまりは、洗濯機からの石鹸カスがドロドロになったり、髪の毛や皮脂などの汚れがドロドロの石鹸カスに加わることでさらなる粘度の高いつまりを形成してしまうので、排水の流れが完全に止まってしまうことさえあります。そうなれば、排水のつまりを取り除かなければ自然に排水つまりが取れることはありません。

今回の修理作業は、まず洗濯機を防水パンからずらしてあげることから始めます。洗濯槽のなかに水が入っていないことを確認して、一気に本体をずらし、防水パンの排水トラップを露出させて作業を行いやすくします。排水トラップの周辺、そしてトラップ内部は、かなり汚れが溜まっていてこれでは排水がうまく流れていかないのも当然の状態でした。トラップを分解して部品にこびりついた汚れをきれいに掃除し、さらに排水溝のほうまでしっかり汚れ取りを行いました。それにより、排水がスムーズになり洗濯排水も滞りなく流れ出しました。ここまでの作業は1時間ほど。この後、排水溝にもパイプ洗浄液を流して、汚れを完璧に落としました。

作業を全て完了したところで、洗濯機を防水パンのうえに設置しなおし、この日の作業を無事に終了することができました。

 

※画像をクリックすると大きい画像でご覧いただけます。

[記事一覧を見る]

  • 年中無休・24時間・365日(土日祝日も受付)水道局指定。携帯PHSからもOK。0120-979-038 年中無休・24時間・365日(土日祝日も受付)水道局指定。0120-979-038
  • 携帯PHSからもOK0120-979-038
  • メールでのお問い合わせはこちら
  • TOTO INAX取扱店/VISA MASTER AMEX DINARCE JCB取扱店 TOTO INAX取扱店/VISA MASTER AMEX DINARCE JCB取扱店