東京の受付 東京都の水漏れ・詰まり、水回りに関する事なら東京生活水道センターにお任せください。 class=   

東京の出動先からお近くの生活水道指定店を探す

店舗一覧から選べます。 市区町村からお選び頂けます!

お風呂場やキッチンなからの突然の漏水や水漏れといったお客様のお困りごとが発生した場合どうしたらいいか困ってしまいますよね。弊社はできるだけ高品質な水道修理などのサービスを行っています。弊社は自社ネットワークを活かし、全国規模でお客様に安心していただけるサービスの提供をしています。

ここ東京都でも、水道修理分野に豊かな経験を有する弊社と提携しているスタッフが、お客様から連絡をいただいてから最短15分でお客様のもとに駆けつけて、漏水の修理作業などに対応いたします。そのため、突然の出来事が起こったという場合も安心ください。また、弊社サービスでは、水廻りの修理を対象にT-POINTを貯めることも可能でお得にご利用いただけます。

T-POINT
弊社の東京都での対応エリア
(アイウエオ順)
昭島市・青梅市・板橋区・荒川区・大田区・江戸川区・稲城市・あきる野市・足立区、清瀬市・狛江市・国立市・国分寺市・小平市・小金井市・北区・江東区・葛飾区 、杉並区・渋谷区・世田谷区・品川区・墨田区・新宿区・多摩市・調布市・立川市・ 豊島区・台東区・中央区・千代田区・西東京市・中野区・練馬区・羽村市・東久留米市・東大和市・福生市・東村山市・日野市・府中市・八王子市・文京区、武蔵村山市・町田市・三鷹市・武蔵野市・港区・目黒区

現在、東京やその近郊の割引対応地域を対象とし、弊社指定工事店舗による水回りトラブル解決や上下工事をお申込みいただいたお客様に早期割引キャンペーンが実施されています。

早期割引キャンペーン

最大だと14%もお得になるこのキャンペーンは、1週間前を最長に予約割引が受けられるキャンペーンです。1日2%引きで割引が適応され、1週間前なら14%ととてもお得な料金でサービスを利用することができます。

また、弊社ホームページではお客様目線を大切にするため、DIYページを設けてお客様のお困りごとやお悩みごとに対応する情報なども掲載されています。お困りごとが発生した場合、まずはこちらのページもご参考にください。

  • トイレの水漏れトラブル別(原因と対策方)
  • トイレのつまりトラブル別(原因と対策方)
  • 水廻り器具交換
  • 動画でわかるDIY修理

しかし、DIYで解決することができない場合もあります。そんな場合には弊社までご連絡ください。弊社では自社ネットワークを活かし、お客様のお困りごとが迅速に解決するように努めてまいります。
弊社では各エリアごとの担当制が採用されており、弊社のスタッフや契約店のスタッフはお客様の困った!をより迅速に解決するために責任をもって問題解決に努めます。

東京担当のスタッフが即対応!

東京担当スタッフが対応。

弊社では東京都にお住いのみなさんが突然の水周りの異変の際に安心して水をお使いいただけるように水周りの修理などのサービスを行っています。 例えば、お風呂の水が止まらない!トイレの詰まりで水が流れない!などのトラブルや、トイレの水が止まらずに溢れそうな場合や洗面所・台所・お風呂場などの蛇口の水が止まる気配がないという場合など、できるだけ早い問題の解決を図っています。 弊社ではこれらのトラブルを直すために、パッキン交換や高圧洗浄法などを用いて解決にあたったり、排水管のつまりなどが酷い場合には水道工事などを行ったりしてお客様が再び安心して水を使えるようにしています。

弊社では緊急時に迅速な対応ができるよう、24時間対応しているコールセンターの窓口があります。そんな時は夜中でもできるだけ問題を早く解決できるように尽力します。。弊社では作業が発生しない場合のお見積りは無料になっていますので、急なことが起こった場合も躊躇せずご相談してください。 弊社では、24時間受付センターで、お客様からお見積もりや依頼などが合った場合、受け付け後に現場にスタッフがお伺いいたします。現場到着後は故障箇所の確認作業が行われ、状況の確認が行われます。 トイレの水が流れないなどの原因として多いといわれているのが排水管の詰まりです。そのような詰まりの原因を確かめてから、お客様に解決方法やお見積りをお伝えさせてしています。お見積もりにご納得いただいてからの作業開始となっています。 弊社の全国の提携店はここ東京都にもあります。

ネジを外す

お客様がお困りの際に迅速に駆けつけ、安心してお客様が水を使えるようにお客様のお困りごとと解決しています。 水道の蛇口をひねって水を使ったら水が止まらなくなったというお困りごとから排水管などの詰りの対応、そして、古くなってしまったパイプなどが原因でおこる水漏れなどのお困りごとなどはできるだけ初期に対応することがポイントです。水周りの不調は弊社までご連絡ください。

東京の新着お客様の声一覧

出動先一覧

ア行カ行サ行タ行ナ行ハ行マ行

東京都内の水源は、大部分が河川水となっており、全体の約80パーセントが利根川と荒川水系となっています。そして、約20パーセントは多摩川水系であります。
ここ100年余りにわたり、東京都の水道は、増加し続ける水道へのニーズを懸命に支えてきた歴史があり、この点については水源についても同じです。

昭和30年代までは、東京都の水源の多くは多摩川水系に依存していましが、その後、急激な水道へのニーズの増加に対応するため、利根川水系の水資源開発が行われ、利根川水系への依存度が高まっています。
現在、東京都で保有されている水源量は日量で約650万立方メートルといわれています。 これ等は神奈川県や川崎市からの分水も含まれた日量水源になります。
毎年の協定によって分水がな行なわれますが、取水の安定性という点では、神奈川県内の水事情に影響されるという点などの課題も含まれています。

東京都の新規水源は、独立行政法人水質源機構や国道交通省等による国の施策による利根川水系や荒川水系での水資源開発基本計画に基づいてな実行されます。
計画的な開発が進められた結果、浦山ダム、滝沢ダム、北千葉導水路、等々が完成しました。
しかし、近年の少雨化傾向によって、利根川水系にあるダム等の供給能力は計画時点よりも2割ほど低下していることが懸念されており、近年の気候変動による、水源量の確保は水質の変化などと同様に課題といえ将来にわたる安定給水の継続が重視されています。

東京の下水道は、区部において明治時代に始まった区部下水道事業は平成6年度 結果として完全な普及概成に至り、多摩地域においての下水道普及率も平成19年度に100%に約97%となっているのです。

東京都の河川での水質については、昭和40年代中頃は工場排水や生活排水などで水質の汚れが顕著といわれていましたが、下水道が普及したことによって着実に水質改善が実現され、鮎が遡上するまで改善されました。
しかし、初期に整備した下水施設の老朽化が進んでおり、今後は高度経済成長期以降に大量に整備された下水管が法定耐用年数を迎え、下水道施設の老朽化がさらに進行する見込みとされています。
また、震災発生時などの下水道機能確保についても今後も課題と考えられています。

下水道事業は下水道法によって原則として市町村の事務となっています。 上下水道における突然のトラブルなどに対してお客様に修理サービスなどを提供している生活水道センターでは、全国のネットワークを活用しながらお客様の突然の困った!に対してより安心できるサービスを提供し、上下水道の維持管理という点から東京都の水に関して提案を行っています。
そのため、お困りごとが発生した時には24時間対応の生活水道センターまでご連絡ください。

  • 年中無休・24時間・365日(土日祝日も受付)水道局指定。携帯PHSからもOK。0120-979-058 年中無休・24時間・365日(土日祝日も受付)水道局指定。携帯PHSからもOK。0120-979-058
  • メールでのお問い合わせはこちら
  • TOTO INAX取扱店/VISA MASTER AMEX DINARCE JCB取扱店 TOTO INAX取扱店/VISA MASTER AMEX DINARCE JCB取扱店