こんにちは! 子供のころ電車のトイレは、走行しながら糞尿を少しずつばらまいて処理していると思い込み(※そんなことはありません!)、電車が停車中には怖くてトイレに行けなかった「府中町」担当スタッフです。 先日、東海道新幹線の東京~大阪間の改札内トイレを、すべて洋式のウォシュレットにするというニュースをみました。 ※詳しくはコチラ https://tetsudo-ch.com/38236.html これは2020年のオリンピックなどを見込んで、海外から来られる観光客の方にも対応するためらしいです。ということは、現在でも和式のトイレがけっこうあるということですよね。駅などの公共性の高い場所はとっくに洋式になっているかと思っていたので、少し意外でした。 確かに、外国の方が初めて日本の和式トイレを見られたら、びっくりされるかもしれませんね。ちなみに新幹線の車内は2014年度以降に作られた車両はすべて洋式のウォシュレット付きになっているそうです。 これからオリンピックもありますし、ますます日本に来られる外国人観光客の方は増えると思われます。「トイレ」という面でも日本流の「お・も・て・な・し」ができるとよいですね。

早期発見!トイレ不調のサインとは?

本日は府中市内にお住いのお客様より、 「最近トイレから変な音がする。母は『霊がついている?」』なんて言いだすので、一度見てほしい」 とのご連絡をいただきました。 確かに、夜な夜なトイレから不審な音が響いてきたら、それはもはやホラー映画によくあるシチュエーションですよね。 ただ、それとは別に、トイレから普段聞きなれない音がしてきたら、それはなにか不調のサインなのかもしれませんので注意が必要です。 ご自宅に到着後、問題のトイレを見せていただきました。ご依頼主様のお話では水を流すときに聞こえるそうなので、試しに流していただきました。 すると、確かに水を流した際に、便器の中の方の水が「コポコポ」言うのが聞こえたのです。実はこれは排水管に何らかのトラブルが起きているときによく聞かれる音なのです。 そこで一度元栓で水を止めてから、便器の中を注意深く点検をしました。するとなにか白い紙のようなものがちらっと見えたので、続いてラバーカップで数回押引きしたところ、大量のトイレットペーパーが塊になったものが出てきたのです。 どうやら、水を流すときに聞こえていた異音は、この引っかかっていたトイレットペーパーが巻き込んでいた空気の音だったようです。 「異音の原因も分かりましたし、トイレが完全に詰まってしまう前に不調が解消されてよかったです」 調査&見積もりだけでしたら無料(※一部出張費等がかかる場合はあります)ですので、少しでも不審な点がありましたら、ぜひご連絡くださいね。