物を落としてしまった!

トイレに落としてしまった

トイレに異物を落とした…
あっ!と考えた時点ではすでに手遅れなのが、トイレにドボン、のトラブルなんです。落としただけだったらまだ良いけれど、なにより水を洗い流す瞬間であったりするとうまくありません。
ちっちゃい物体だったら完全に流れてしまって、少し大きなものですと排水を目詰まりさせてしまう危険があります。
私たちは意外と衣服のポケットに大切な物を入れてる事が多いですよね。
スマホ、携帯電話、財布やボールペン…。
いずれも無くして困る大切なものなので多くの方が肌身離さず衣服のポケットなどに入れて持ち歩いてる訳ですが、時としてトイレのなかでは、それが問題のいったんになってしまいます。落としてから後悔しても、残念ながら「なかったこと」にはできません。
それならば、落ちた物の救出に全力を注ぎましょう!

まずは止水栓を閉めて水の流れをストップ!

  • 落としたものの確認を!
  • 最初に止水栓を回して、水を流れなくしてください。
  • 落とした物を良く確認してください。
  • よくあるパターンで水を流した瞬間に物を落したりすると、何を落したか判らないといった時もあるのです。
  • 色や材質、形などを思い出してください。
  • 水が溜まっている便器の中を確認してください。落としたものが、一部だけでも見えてる可能性もあります。
  • 落としたものの形状や材質によっては目で見えない
    でも比較的手の届きやすい奥の部分に隠れてる時もあるのです。
  • そんな時はゴム手袋やビニール袋を手にはめて、直接確認してみましょう。
  • 手探りでいろいろしても探せない、そんな時にはラバーカップを使用してチャレンジしてみてください。
  • 水はねを怖がってゆっくり動かしても解決できないので注意ください!
  • しっかりと便器に押しつけ、空気圧が隙間から前側に漏れ出さないよう注意して、力いっぱい繰り返しプッシュしてみて下さい。

お目当てのものが出てくるかもしれませんよ。

自分での対処が難しい場合は?!

自分で取り出せないときは…
大抵の落し物は、手で直接取るかラバーカップで吸引することで取れると思いますが、落としたものの重さや形状によっては水の流れに乗って奥の方まで流れていることもあります。
水が流れるようなら、もう大丈夫かなと安心していると、排水管の奥の分部で引っ掛かり、また詰まりが起って本当に大変な事になります! ですから、成るべくなら異物を取りだせた方が問題ないです。
角がある物や硬い形状の物は本当に詰まりやすいので注意が必要といえます。角の部分が配管の繋ぎ目などに引っ掛かり、汚物の流れを妨害してしまう事もあります。
また、便器や配管を損傷させることもあるので、取り出すときにも注意が必要です。自分でやってみても取れない時、場合によっては便器をはずして確認するなどの作業が必要になります。
そんな時には成るべく早く水道屋さんに頼んだ方が得策といえます。
でも何処に依頼して良いか迷った時には私どもにお声かけください。皆さんが納得できる仕事をいたします。

地域キャンペーン料金を確認

関連ページ

  • 年中無休・24時間・365日(土日祝日も受付)水道局指定。携帯PHSからもOK。0120-979-058 年中無休・24時間・365日(土日祝日も受付)水道局指定。携帯PHSからもOK。0120-979-058
  • メールでのお問い合わせはこちら
  • TOTO INAX取扱店/VISA MASTER AMEX DINARCE JCB取扱店 TOTO INAX取扱店/VISA MASTER AMEX DINARCE JCB取扱店

ページトップへ戻る