ブログ

ブログ

DIY作業で家計に貢献!混合水栓の取り付け

こんにちは! この夏の猛暑にすっかり感覚がマヒし、最高気温35度でも「今日は涼しかったね」なんて会話を交わしていた(40度を超える日もあったので…)「多治見市」担当スタッフです。
こないだ、お休みを貰って、子どもと一緒に「多治見市にあるモザイクタイルミュージアム」を見学してきました。
こちらは、多治見の地場産業であり日本一の生産量を誇る「施釉磁器のモザイクタイル」について広く紹介するとともに、タイルを通した新たなアートや交流を生み出すことを目的に作られた施設です。
(駐車場が少ないので要注意です) 初めて来られる方はその外観に「これはなんだ?」と思われるらしいですが、ミュージアムの外観はタイルの原料が埋まっている「粘土山」をモチーフとしたものらしいです。
近くにきてよくみると、いろいろなものが埋まっているので、面白かったです。
館内は4階建てとなっており、歴史的なタイルの展示や、ちょっと前衛的なタイル作品、そして1階では実際にモザイクタイルをつかった作品づくりを体験することができました。
娘は色とりどりのタイルを使ったフォトフレームを作っていましたが、たくさんのタイルのなかから好きなものを選び出すだけでもかなり迷っており、けっこう時間がかかっていました。
それでもかわいいオリジナルフレームが完成して、大満足だったようです。

DIY作業で家計に貢献!混合水栓の取り付け

本日は多治見市内に在住のお客様から、 「キッチンの水道を新しいものに取り換えたのだが、水漏れがある」 とのご連絡をいただきました。
さっそく現場にかけつけ詳しくお話をお伺いすると、これまで使っていた水道蛇口が古くなり、水漏れなどもするようになったため、思い切ってご主人が新しい蛇口に交換をされたそうです。
そこで、止水栓で水を止めてから、交換された蛇口を確認させていただきました。
一般的にdIYにて作業された蛇口から水漏れがする場合、部品が適合しないものであったり、作業に不具合があったりといったことが多くみられます。
しかし、今回の作業はプロの自分からみてもなかなか精度の高いものでした。
部品選びは完璧、閉め具合も申し分なし、シールテープの巻き方も均等かつちょうどよいきつさと、もう、わが社にスカウトしたいぐらいの素晴らしい仕上がり具合だったのです。
ただ、古い配管についていたと思われるゴミや古いシールテープ、サビなどがそのままになっていました。
こういったものをそのまま放置しておくと、蛇口が新しくなっても、水が漏れるといったことが起こってしまうのですね。
そこで、専用のブラシを使ってそれらのゴミを完全にキレイにしたのち、もう一度取り付けを行ったところ、今度は水漏れすることなく使用することができました。
「不具合の原因が分かったので、今度からは自力で交換できると思う」 と言っておられました。
   

  • 年中無休・24時間・365日(土日祝日も受付)水道局指定。携帯PHSからもOK。050-5272-3302 年中無休・24時間・365日(土日祝日も受付)水道局指定。050-5272-3302
  • 携帯PHSからもOK 050-5272-3302
  • メールでのお問い合わせはこちら
  • TOTO INAX取扱店/VISA MASTER AMEX DINARCE JCB取扱店 TOTO INAX取扱店/VISA MASTER AMEX DINARCE JCB取扱店