静岡全域の参考施工事例詳細

洗濯排水のつまりの修理で静岡県に

家庭の水回りのトラブルで、洗濯排水のつまりでお困りのお客様から、すぐに修理にきてもらえますかとのご相談がありました。洗濯排水がつまっていると洗濯機がうまく稼働しなくなったり、ひどい場合は脱水を行っている時に排水が防水パンのなかにあふれてきてしまうこともあります。防水パンのなかだけに排水がおさまってくれていればまだ良いのですが、ひどい時には大量の水が床まであふれだしてしまうこともあるので、かなり気をつけなければならないトラブルのひとつです。

洗濯排水がつまりやすい原因は、衣類に付着していた髪の毛や糸くずなどが洗濯している時に取れて水の中にたくさん漂うことになります。さらに衣類には皮脂などの汚れも付着していることが多いため、洗濯洗剤によってこれらの汚れが中和されたものが排水にも含まれるのです。これらの成分が排水管に流れていくと、少しずつですが汚れが溜まってきます。最初は大したことのない汚れの付着具合でも、それが何年、十数年にもなれば排水管を塞いでしまうほどにまで蓄積されていくのです。

定期的に洗濯排水のためのトラップ周辺や排水管を掃除していれば、ひどいつまりはある程度防止することができますが、もともと洗濯機が設置されているため排水溝の掃除をするのはなかなか難しいこともあり、そのままにしているご家庭がとても多いのが現状です。今回のお客様のように、洗濯排水がつまって洗濯機の運転にも支障がでて、はじめて排水のつまりに気づかれることが多いのです。

まずこちらのお宅におうかがいして、洗濯機を動かして防水パンから見える排水口をしっかり露出する必要がありました。排水口の周辺にはすでに滑りのある汚れがかなり付着していて、また排水管のなかもドロドロとした付着物がかなり目立っていました。トーラーを使用して排水管の内部をきれいに掃除を行い、内壁にこびりついている頑固な汚れもきちんと除去することができました。

洗濯機を元どおりにして排水の流れ具合を確認してみましたところ、きちんと排水が流れていってくれましたので作業は、これにて完了となりました。洗濯排水のつまりは、ついつい放置してしまう場所なので、定期的に業者に点検や掃除をしてもらうのが一番です。

 

※画像をクリックすると大きい画像でご覧いただけます。

[記事一覧を見る]

  • 年中無休・24時間・365日(土日祝日も受付)水道局指定。携帯PHSからもOK。0120-979-038 年中無休・24時間・365日(土日祝日も受付)水道局指定。0120-979-038
  • 携帯PHSからもOK0120-979-038
  • メールでのお問い合わせはこちら
  • TOTO INAX取扱店/VISA MASTER AMEX DINARCE JCB取扱店 TOTO INAX取扱店/VISA MASTER AMEX DINARCE JCB取扱店
PAGE TOP