宮城全域の参考施工事例詳細

宮城県のお宅での洗濯排水のつまり修理の事例

朝一番で宮城県にお住まいのお客様から一本の電話がありました。お客様のお話を詳しくおうかがいすると、どうやら洗濯機の下から水が溢れ出してきていてかなり慌てたご様子でした。朝、いつものように洗濯機を回しながら家事をされていた奥様ですが、突然洗濯機がピーピーと音を立てて止まってしまったということです。そして足元を見ると洗濯機が設置されている防水パンに水が溢れ出してきているのをみて大慌てでとりあえず洗濯の排水を止めたそうです。この時点で防水パンからは水が溢れて床をかなりの範囲で濡らしてしまっていたそうです。これは緊急事態となります。

すぐに現場に出動しました。洗濯機に使用されている水はかなり大量ですから、これらが床に全て溢れ出してしまうと床材が腐敗する原因となり大変な被害が出てしまいます。なるべく早く対応させていただき、修理を行うことが私どもの使命となります。洗濯機の水を抜いてから、洗濯機を防水パンからどかしました。この水漏れの原因はすべて洗濯排水のつまりによるものであることがすぐにわかりました。

排水トラップの周辺には汚れがびっしりとたまっていました。さらにトラップ内部、そして排水管にも酷い汚れがつまりを起こしていました。これは洗濯排水に含まれている洗剤の石鹸カスや髪の毛や衣類の糸くずなどが混ざり混ざってつまりを引き起こしているのです。これを全てきれいに掃除して取り除く作業を行うことで、とりあえずのつまりは解消することができました。ただ、排水管の奥の方は、トーラーでしっかり汚れを削り落とすことが必要でしたので、時間をかけて汚れ除去をしました。2時間近くかけて完全につまりを取り除くことができました。

排水の流れが改善したことを確認したうえで、洗濯機を防水パンに設置して、最後に洗濯機を作動させてみました。しばらく様子を確認し、排水もスムーズに流れていることがわかりましたので修理はこれで完了となりました。ただ、排水は今後もつまりやすい可能性があるので、定期的に洗濯排水のつまりの点検を行うことをお勧めさせていただきました。できれば1年に一度程度の頻度で点検を行っていただければ今回のようなひどい排水つまりは回避できるでしょう。

 

※画像をクリックすると大きい画像でご覧いただけます。

[記事一覧を見る]

  • 年中無休・24時間・365日(土日祝日も受付)水道局指定。携帯PHSからもOK。0120-979-038 年中無休・24時間・365日(土日祝日も受付)水道局指定。0120-979-038
  • 携帯PHSからもOK0120-979-038
  • メールでのお問い合わせはこちら
  • TOTO INAX取扱店/VISA MASTER AMEX DINARCE JCB取扱店 TOTO INAX取扱店/VISA MASTER AMEX DINARCE JCB取扱店
PAGE TOP