三重全域の参考施工事例詳細

三重県内にお住まいのお客様から

洗面の床が水で濡れているので水漏れかもしれないということで早急に修理に来てもらいたいとのお電話がありました。詳しいお話をうかがったところ、洗面シンクのすぐ下の床がここ2週間ぐらい、毎日みずたまりのようなものができていて不審に思っていたそうです。最初は洗顔やシャンプーの際の水ハネなのかと思っていたそうですが、床を拭いても拭いてもまるで湧き出てくるように水がたまっているのでこれはただ事ではないということで点検、修理のご依頼となりました。

洗面での床に漏れ出している水というのは、だいたい排水管からの水漏れがほとんどです。シンク下には排水ホースやS字トラップといった部分がつながっていますが、これらのいずれかの部分に隙間ができてしまったり、劣化によってひび割れが発生することで、そこから水が少しずつ滲み出てきてしまうのです。劣化が酷ければ酷いだけ、水漏れの量も増えてきます。最悪の場合は洗面所の床材が水によって腐敗してしまって水漏れ修理だけにとどまらず、床の大掛かりな修理も必要になってしまうこともあります。

二次的な被害を避けるためには、日頃から少しでもおかしいなと思えるところがあったらすぐに水道修理業者にご連絡いただき、点検をしてもらうのが一番です。水漏れの修理は緊急性が高いので、その日のうちに修理におうかがいすることになりました。たまたまその日は午前中に修理のキャンセルが出たため、昼前にお客様のご自宅に到着することができました。

まずは、洗面の水漏れの状況を確認しました。私が到着したときも、床面はわずかに濡れており、水漏れの箇所を追跡しやすい状況になっていました。シンクの下の収納扉を開くと、なかのパイプがすべて確認できました。すると収納扉のなかも、かなり水で濡れていてかび臭い臭いが鼻をつきました。これはかなり前から水が少しずつ漏れ出していた可能性があります。とりあえず、パイプの細かいところまで点検し、水漏れ箇所を特定することができました。水が漏れていたのはS字トラップのつなぎ目の部分で、そこが劣化によるサビで腐食していて穴があいていました。新しいパイプへ交換することで水漏れを完璧に止めることができました。

 

※画像をクリックすると大きい画像でご覧いただけます。

[記事一覧を見る]

  • 年中無休・24時間・365日(土日祝日も受付)水道局指定。携帯PHSからもOK。0120-979-038 年中無休・24時間・365日(土日祝日も受付)水道局指定。0120-979-038
  • 携帯PHSからもOK0120-979-038
  • メールでのお問い合わせはこちら
  • TOTO INAX取扱店/VISA MASTER AMEX DINARCE JCB取扱店 TOTO INAX取扱店/VISA MASTER AMEX DINARCE JCB取扱店
PAGE TOP