ブログ

ブログ

癒し効果のつもりがトラブルに?トイレタンクにご用心

こんにちは! 年度末であれこれ忙しく、ちょっと癒しがほしい「大子町」担当スタッフです。
先日はお休みをいただいて町内にある「袋田の滝」までハイキングをしました。
ここは「日本三大瀑」のひとつでもある高名な滝であり、四季おりおりに違った絶景を見せてくれます。
また大きさも高さが120メートル、そして幅が約70メートルと大変大きく、かの西行法師が 「四季それぞれの時期に来てみないと本当の素晴らしさは分からないね!(意訳)」 と絶賛されたそうです。
こちらの滝は真冬には凍結して神秘的な美しさなのだそうですが、さすがに今の時期、もう凍ってはいませんでした。
けれども、春の始まりを告げる小鳥の声や、芽吹き始める木々の美しさと相まって、流れる滝のマイナスイオン効果で、心身ともに癒された気がしました。

癒し効果のつもりがトラブルに? トイレタンクにご用心!

本日は、トイレタンクのトラブルということで、大子町内にある比較的築年数の新しいお宅に伺いました。
通常、トイレのトラブルというのは築年数の長いお宅が多いと思われがちですが、意外と新築に近いお宅でもトラブルが発生することもあるようです。
トラブルの内容を詳しくお聞きしたところ、 「いくら掃除をしても便器がキレイにならないと思ったら、トイレの水が濁っている」 という症状が出たそうです。
このような症状は、おそらくトイレタンクの中でカビが発生しているためと思われるのですが、新築間もないこちらのトイレで、そんなに早くカビが発生するとは少し意外でした。
さらに詳しく拝見すると、こちらのトイレはタンクが棚の中に収納されている「レストパル」と呼ばれるタイプでした。
こうすることで限られた空間がスッキリしますし、掃除もしやすいといったメリットがあります。
実際にこちらのお宅でも、棚の上に手を洗うスペースがあり、そのわきにはハンドソープが設置してありました。
ここまで見てはっと気が着いたのですが、最近の新しいタンクトイレの中には、手洗い器に芳香剤や洗浄剤を使ってはいけないタイプのものがあると同僚から聞いたことがあったのです。
さっそくこちらのトイレも調べてみると、芳香剤や洗浄剤は使用不可のタイプであることが判明しました。
なぜ使用がだめかというと、こちらのトイレでは、手洗いにつかった水がもういちどトイレのタンクに入るしくみになっているからなのです。
水だけの手洗いなら問題はありませんが、ここにハンドソープや芳香剤を使用すると、その水がもう一度タンクの中に入ることになります。
それによってタンク内にカビなどが発生して故障やトラブルの原因にもなりかねないのです。
その後、タンクを開けてみたところ、やはりタンク内はカビが生えており、トイレの水が汚れていたのもこのカビが原因であることが分かりました。
「まさかハンドソープがカビの原因になっているとは思いもよりませんでした。
もう一度取り扱い説明書を注意深く読んでみることにします」 こちらも、最新のトイレについて引き続き勉強していきたいと思いました。

  • 年中無休・24時間・365日(土日祝日も受付)水道局指定。携帯PHSからもOK。050-5272-3291 年中無休・24時間・365日(土日祝日も受付)水道局指定。050-5272-3291
  • 携帯PHSからもOK 050-5272-3291
  • メールでのお問い合わせはこちら
  • TOTO INAX取扱店/VISA MASTER AMEX DINARCE JCB取扱店 TOTO INAX取扱店/VISA MASTER AMEX DINARCE JCB取扱店