プロフェッショナルが解説する水道(トラブル)にまつわる話

水道に詳しいプロが様々な場所の水漏れの原因や詰まりの対策を解説してみた

家庭用の水まわりのトラブルは、トイレの水漏れやトイレの詰まりと、キッチンなどの蛇口の水漏れがあります。
様々な場所の水漏れや詰まりの原因や、対策を解説します。
トイレタンク水漏れ修理
  • レバー不良

「ビル管理経験者が経験したトイレの水漏れの原因」

マンションの住民から緊急でトイレの床が濡れているとの事で緊急出動した例です。
すぐに現場に走り、トイレの中を点検すると、トイレの床が濡れていました。
原因はトイレの給水管のジョイント部分から水が漏れていて、他の給水管やトイレの上の配管も点検しましたが問題がなかったので、止水バルブを閉めて、給水している配管を外して、パッキンがへたっていたので交換して、水漏れの処置を完了しました。
このようにトイレの水漏れの原因は、経年劣化による不具合がほとんどです。
これから私が経験したトイレの水漏れ原因を解説します。

「ビル管理経験者が解説するマンションの水漏れ原因」

洋式トイレ
原因「トイレタンクの故障により水漏れ」トイレタンクの故障の原因は、何年も使っているとタンク内の部品や、接合部が劣化してきて水漏れの原因になります。

「トイレタンク水漏れの例」


①レバーが元に戻らずに水が止まらなくなる。
②トイレ使用後、タンクの中からチョロチョロと水音がする。
③タンクに水がしたたり落ちる。
④水がタンクになかなか溜まらない。

これらの原因のトイレタンクの水漏れに処置について解説していきます。

「ビル管理経験者が教えるトイレタンク水漏れ対策」


トイレの水漏れが起きた時にまずやる事は水道の元栓である止水栓を閉めて、水を止めてください。
その上でトイレタンクを確認します。
次にやることはタンクの外側を念入りに調べて、水が漏れていないか確認します。
タンクの内側からチョロチョロと水音がする場合はタンクの中の部品の故障です。
タンクのふたを開けて、各部品が正しい位置にはまっているか、確認します。
トイレタンク内部

(1)「レバーが元に戻らずに水が止まらなくなる」対策処置


トイレの水を流した際、レバーが軽かったり元に戻らないことがありますが、これはレバーの故障です。
レバーが戻らないと、水が常に出ていて水道料金がはね上がります。古いトイレでよく起こります。
その場合の処置としてタンクのふたを開け、状況を確認します。
レバーの故障だと思うので部品を取り替えます。
  「ビル管理経験者が語るトイレレバーの修理」 トイレレバー
① トイレの止水を閉めて、タンクの中の水を抜いて下さい。
② タンク内を開けてレバーハンドルの先に鎖が付いているので外してからレバーハンドルを固定しているナットを回して外し、レバーを引き抜いて下さい。
③ 新しいレバーハンドルをタンクに差し込んで、パッキンをはめて、ナットで締めつけましょう。レバーハンドルの2つの突起が真上になるように取り付けて下さい。
「ビル管理経験者が語るポイント」
トイレのタンクは、手洗い付きと手洗い無しがあり、ふたを外せるタイプや外せないタイプがあるのでトイレの修理には注意が必要です。

「トイレタンクの構造」洋式 トイレタンク構造

「トイレタンクで使われている部品の名称の解説」


「止水栓」
タンクの左側に付いていてこれは、トイレの修理前に水を止めたり、調節できる部品です。
「ボールタップ」
上下に浮き玉が動くと、水を止めたり、給水したりする部品です。
「オーバーフロー管」
ボールタップが故障のとき、水がタンクの外へあふれるのを防ぐため、この管を取りつけると、便器から水がでます。
「ゴムフロート」
レバーハンドルと連動する鎖が付いていて、ゴムフロート(黒い玉)を開閉することにより、タンク内の水を便器に流したり止めたりする部品です。

(2)「トイレ使用後、タンクの中からチョロチョロと水音がする。」対策処置

タンクの中からチョロチョロ水音がする場合は、タンクのふたを開けて、ボールタップの水の量を確認してください。
ボールタップを上げて水が止まれば、正常ですので、水位調節だけで修理できます。

「ビル管理経験者が語るポイント」

タンクの中から水がチョロチョロの場合は、タンク内部のボールタップが故障して、水が上がってオーバーフロー管に水が流れ込んでいるので、水位調節リングやボールタップの調整で修理できます。

「ビル管理経験者が語るトイレタンク内の水位調節の方法」

止水栓を閉めてから、タンクのふたを開けます。
タンク内の水量を確認し、多ければ水を抜きます。(レバーを開けてロータンクの水を抜いて下さい。)

タンク内のボールタップの付け根に水位調節リングがあります。

ボールタップ調整
水位調節リングの位置を確認したら、リングを引き上げロックを外します。
水位が低ければ右方向に回し、水位が高ければ右方向に回してください。
90度まわせば約8mm水位が調節できます。

注意する事は、まわし終わったら調節リングのロックを下げてロックして下さい。
水位調節リングがない場合は、水位が高ければボールタップの棒を下に曲げれば調節できます。
ボールタップの調整が終わったら止水栓を開けて水位の確認をします。
タンクのふたを閉めてタンク内の水音を確認します。

「ビル管理経験者が語るポイント」水位調節がない場合

浮き玉の棒を曲げる時は、棒の中央で、無理な力で曲げようとしないで、少しずつ曲げるようにする。
曲げた後は浮き玉の根元のロックナットを十分に閉めておきます。
ロックナットが緩んでいると、浮き玉が回ってしまい、水位が逆に上がり水漏れの原因にもなります。

(3)「タンクに水がしたたり落ちる」対策処置


マンション等で別に濡らしたわけでもなく、トイレの床が濡れていたり、タンクから水がしたたり落ちる場合は、トイレタンクの底を確認して下さい。
ボルトの緩みが原因で水が漏れていることが多いです。
ボルトをモンキーレンチで閉めても濡れている場合は、タンクと便器の間の密結パッキンが古くなって交換が必要です。
しかし、タンクの取り外しをしなくてはいけないので、専門の業者に依頼して下さい。

「ビル管理経験者が語るポイント」
タンクの下部分が濡れていて、ボルトが緩んでいた場合、ボルトを締め直すときは、力を入れすぎないようにして下さい。(力の加減で陶器が割れる)

(4)「水がタンクになかなか溜まらない」対策処置


給水するタンクに水が溜まらない原因としては、水圧が低い状態や、ゴムフロートが故障していることが考えられます。
部品の交換が必要なゴムフロートは、ホームセンターで販売しています。「メーカーによって形状が違います。」
タンクの水を増やすため、ペットボトルが入っている家庭もありますが、これが原因でゴムフロートの鎖がからんで水が溜まらない事もあります。
フロートバルブ

「ビル管理経験者が語るゴムフロート弁交換」TOTO製


①タンク横の止水栓を閉めて給水を止める。
②タンクのふたを開けて、ゴムフロートを上げて水を抜きます。
③フロート弁とレバーを繋いでいる鎖のフックを取り外します。
④フロート弁をオーバーフロー管から取り外します。
⑤オーバーフロー管の下に2箇所のネジにフロート弁をはめ込みます。
⑥新品のフロート弁のフックをレバーの先に取付ける。
⑦タンクのふたをかぶせます。
⑧止水栓をゆっくりと開ける。


「ビル管理経験者が語るポイント」フロート弁交換
フロート弁をオーバーフロー管に取り付けるときは、フロート弁の開閉ができるかを確認して下さい。
穴が何箇所か開いているタイプもあります。
タンクのふたを閉めるときは、ふたの穴が給水口にはまるようにして下さい。
止水栓のタイプはハンドルの場合は時計回りで閉めれますが、ネジ付きの場合ドライバーを使用します。
フロート弁交換の時は、手が汚れるのでゴム手袋をして下さい。
トイレの水漏れの原因や処置について解説してきました。
もし自分で修理できなければ、無理をせず、町の水道業者に依頼しましょう。

「家庭の水道蛇口から水漏れ」原因や対策


家庭で台所の水道を使用した場合、ハンドルや、蛇口の水が完全に止まらないことがありますが、これはパッキンが劣化すると、「ポタポタ」水の音がして、水道代がかかってしまうので対策が必要です。

「ビル管理経験者が語る水道の蛇口水漏れ」混合水栓


マンションの住民から「近頃、水道からポタポタ音がする」ということで、蛇口を点検して、水が完全に止まらなかったので、水道の元バルブを閉めて、蛇口をばらし、水道パッキンがかなり老朽化していたので、パッキン取替をして水漏れ修理しました。

「蛇口パッキン交換手順」混合水栓の場合


水道蛇口から「ポタポタ」音がずるのはコマやパッキンがヘタってきているので部品の取替が必要です。
これから水漏れ修理の交換手順を解説します。

「混合水栓から水漏れパッキン取替手順」


①水道メーターの元バルブを閉める
②水道の上部のキャップをマイナスドライバーでこじ開け、ネジ部分を出す。
③ハンドルのネジをドライバーで外す。
④ネジや、ハンドルも取ってプライヤーで根元のカバーナットも外す。
⑤スピンドルを手で回して外す。
⑥新しいコマパッキンをスピンドルに取付けます。
⑦カバーナットの黒いパッキンを取付ます。
(老朽化していなければ交換の必要はないです。)
⑧ハンドルの中にスピンドル一式を奥まで入れて回し、新品のワッシャを入れます。
⑨カバーナットを新品のパッキンがきっちり入っているか確認してからプライヤーで締めます。
⑩元バルブを開けて水漏れがなければ、修理完了です。

バルブ混合水栓バルブ混合水栓分解

「ビル管理経験者が語る注意ポイント」パッキン取替

蛇口にスピンドルを取付けるとき、ネジ山が見えないように回してください。
プライヤーで締めるときは、きつく締めすぎないように注意してください。

「蛇口のハンドル部水漏れの交換した部材や工具」


交換する部材は水道コマ、パッキンで、必要ならばスピンドルも交換します。
水道蛇口の水漏れ修理に使う工具は、ドライバーセット、ウォーターポンププライヤー、モンキーレンチです。
蛇口の種類は、シングルレバー混合栓や、2ハンドル混合水栓、サーモスタット混合栓の3つで、メーカーや型式が違うと対応も違ってきます。
「蛇口からの水漏れ」シングルレバー混合栓
一般の家庭で多く使われているのはシングルレバー混合栓です。
メーカーによって分解の仕方が変わってきます。
ここでは蛇口の水が止まらない場合はカートリッジの故障が原因なので、バルブカートリッジの交換が必要です。
ここではカートリッジ交換を解説します。
シングルレバー混合水栓

「蛇口の水がポタポタと落ちる場合の対策」


「バルブカートリッジ交換」シングルレバー混合栓の場合
①元の止水栓バルブを締めます。
②ハンドルの下の赤と青のキャップを精密ドライバーで外す。
③六角棒レンチ(3mm)でネジを左にまわして外す。
④レバーハンドルを左に回して取り外し、下のナットも手で回して外す。
⑤バルブカートリッジを上に持ち上げて外す。
⑥新品のバルブカートリッジを押し込んで取付ける。
⑦ナットとレバーハンドルを取り付けたら、六角棒レンチでネジをはめる。
⑧止水栓バルブを開け、水漏れを確認する。

混合水栓カートリッジ交換

「ビル管理経験者が語る注意ポイント」

六角棒レンチ(3mm)を使うときは棒の長い方を使う。
十字ネジタイプの場合は精密ドライバーのプラスを使う。
自分で修理する場合、バルブカートリッジはメーカーに型式を伝えて取り寄せてもらう。
水道部品のナットやカバーが固くて回らない場合は濡れた雑巾などを使えば外せます。
蛇口水漏れ修理にいる工具(シングルレバー混合栓の場合)
今回の修理に必要な工具は、六角棒レンチ(3mm)精密ドライバーです。
修理箇所によっては、モーターレンチやマイナスドライバーも必要です。

「風呂場のシャワーホースからの水漏れ原因や対策」


家庭で使用のシャワーホースからの水漏れ原因は、シャワーヘッドの水が止まらなかったり、古くなったシャワーホースの根元から水が漏れていたり、ホースと水道をつなぐ接続部からの水漏れがあり、対策として、シャワーヘッドのOリングの交換や、パッキンの取替が必要です。
ここではシャワーホースのパッキン交換の手順を解説します。

「シャワーヘッドの水が止まらない場合の原因や対策」


家庭で毎日使うシャワー、ポタポタでも水が止まらないと、水道代が上がり、経済的にマイナスですね。
シャワーヘッドの水が止まらない原因は、バルブの故障や、本体の故障、シャワーヘッド内の残留水などが考えられます。
もし残留水が原因ならば修理の必要がないので自分で修理できます。

「シャワーヘッド内の残留水が原因の場合の対策」


シャワーの水の出る面を上に向けて、水が溢れてこなければ、残留水が原因です。
ヘッドを上に向いて置いておくと、残留水が滴下することはないです。

「風呂場内のシャワーバルブパッキン交換手順」2ハンドル混合栓

2ハンドルシャワーパッキン交換
①止水栓の元バルブを閉め、水を止める。
②お湯用と、水用のハンドルの上部についているポイント(丸いカバー)を外す。
③ハンドル上部のネジを2箇所外し、ハンドルを外す。
④ハンドル下部のカバーナット2箇所モンキーレンチで外して、スピンドル一式をプライヤーで引き抜きます。
⑤スピンドルの下部のケレップを取り出し、新品のケレップをスピンドルに取付けます。
⑥ハンドル内部の2箇所にスピンドルを入れて、新品の座金とパッキンをはめ込んでカバーナットを締めこみます。
⑦止水栓の元バルブを開けて、シャワーを出し、水漏れがなければ修理完了です。


「ビル管理経験者が語る注意ポイント」
2ハンドル混合栓のパッキンを交換する時、お湯用と、水用のハンドルを間違わないようにして下さい。
ケレップやパッキンは小さいので、分解の時は、紛失しないように注意して下さい。
パッキンは締めすぎると、破れてしまうので、カバーナットを締め付ける時は、締めすぎないように注意して下さい。
「シャワーバルブパッキン交換に使った工具や部品」
2ハンドル混合栓の場合のパッキン交換に使った工具は、ドライバーセット、プライヤー、モンキーレンチです。交換した部品は、水道<パッキン一式、ケレップです。

「シャワーヘッドの継ぎ目から水が漏れている場合」


マンションや、アパートで、シャワーの下の部分から水漏れしていることがありますが、これはシャワーヘッドとホースをつないでいるOリングが摩耗しているので、交換が必要です。

「シャワーヘッドのOリング取替手順」


①シャワーヘッドを持ち、左に回してヘッド部分を外します。
②ゴムリングやホースの中のOリングを取り外して、新品のOリングをはめ込みます。
③シャワーヘッドをホースに取り付けて水漏れを確認します。

「ビル管理経験者が語る注意ポイント」
浴槽内にシャワーが付いている場合は、ゴム栓で風呂の排水口を塞いでください。
水道部品は小さいので流れてしまいます。
Oリングは小さいので、外す時は、千枚通しや、精密ドライバー等を使って外してください。
はめ込む時も、ラジオペンチ等で真っ直ぐ入っているか確認してください。

「台所や色んな箇所からの水漏れ原因や処置」


マンションや、アパートなどで使われている色んな蛇口の水漏れについて解説してきましたが、他にも、台所のシンク下からの水漏れや、床下が濡れているのは、配管の継ぎ目や接続部のネジの緩みやゴムパッキンが原因で、すぐに取替が必要です。

「ビル管理経験者が語るシンク下の水漏れ」


マンションの住民から「台所の下が濡れている」と連絡があり、シンク下を点検して、配管の継ぎ目からポタポタと水が落ちていたので、すぐに水道の元バルブを閉めてから配管をばらします。
バケツでばらした配管の水を抜き、パッキンを見るとボロボロだったので、ゴムパッキンを交換します。
元バルブを開けて水漏れを確認して修理完了です。
床下からの水漏れ原因は、他にも排水管が詰まって逆流し、押さえているゴム栓の隙間から水が床下に漏れてくる場合もあります。
点検して水漏れ箇所がわからないときは、わざと水を流して水漏れ原因を突き止めます。
シンクの下の接続している配管は塩ビ管や、ジャバラホースがあり、処置方法も変わってきます。
アパートや、古いマンションはジャバラホースを使っている所が多く、新築のマンションは塩ビ管になっていて外せない構造になっています。
シンク下蛇腹ホース

「台所や様々な場所が詰まってしまった原因や対策」


台所の水の流れが遅くなってしまった場合、原因は、排水管に溜まった油です。
そのまま油を流すと、配管内に油が蓄積して詰まりの原因になります。
対策としては、台所用の洗浄剤を使うと、排水管の内部の油が溶けて詰まり予防にもなります。
台所のゴミ受けや、排水トラップふたも掃除しておいてください。
「ビル管理経験者が行った台所の詰まり対策」
台所の排水が詰まって遅くなってしまった場合、ピーピースルーによる薬剤を使った方法があります。
シンクの排水口に直接薬剤を流し込みます。
バケツに60度のお湯を入れて流して30分放置して、その後、水道蛇口をひねり、水の排水確認をします。渦上に回って音が鳴っていれば正常です。
排水が悪ければ、油が原因ではないので、排水ワイヤーを使って修理します。
その後に高圧洗浄をかけて、排水内の油汚れを水圧で落とす方法もあります。
「ビル管理経験者が語る注意ポイント」
台所の下がジャバラホースの場合、ピーピースルーを直接入れるとホースが破れてしまうので、液状にしてから使用します。
ピーピースルーは劇薬なので、防塵マスクや、手袋をします。

「ビル管理経験者が行った洗面所の詰まり対策」


マンションの洗面所の排水が悪くて詰まった場合、原因は洗面所下の配管内の歯ブラシやおもちゃです。
たまに残飯が原因の時もあります。
洗面所下の配管をばらして点検をして、中の異物をとり、ホースを洗面所下の排水口に突っ込んで詰まっていないかを確認します。
問題がなければ配管を接続して水を流して水漏れがないかを確認します。
最後に洗面所の水を溜めて渦をまきながら流れていれば修理完了です。

「水道に詳しいプロが様々な場所の水漏れや原因の解説まとめ」


水道のトラブルのトイレの水漏れや、トイレの詰まりや、様々な場所の水道蛇口からの水漏れの原因や、対策を解説してきました。
洋式トイレの水漏れ原因がタンクの場合、ボールタップでの故障で満水して、オーバーフロー管に水が流れ込んで便器から水漏れや、フロートバルブからの故障が原因で水漏れになることなど、色んな原因があります。
現在はウォシュレットタイプ式が多いので分解の際は、コンセントを抜いて作業して下さい。
メーカーによってトイレの水栓器具は変わっているので、素人では分解しにくくなっているようです。
マンションや、アパートでのトイレは大体洋式トイレが多いです。
原因はトイレットペーパーの使いすぎや、水量が弱いことです。
子供のいる家庭では、おもちゃが便器から出てきます。
ビル管理経験者の私がやった方法はラバーカップで詰まりを修理してきましたが、現在は真空式パイプクリーナーがあり使い方も簡単になりました。
現在はピーピースルーKなどの薬品で便器の詰まりを直すことができます。
ピーピースルーは便利ですが業務用で非常に危険な劇薬なので市販はされていません。
マンション等で、蛇口からの水漏れの場合、ハンドル部品のコマやパッキンが原因です。
水道蛇口にも、2ハンドル混合栓が一般的で、水が止まらなかったり、ポタポタするのは、ハンドル部品のコマパッキンが原因です。蛇口の種類として混合レバーやダブルハンドルとメーカーによって違ってきます。
シャワーホースから水漏れしているは、シャワーヘッドのパッキンやOリングがすり減っているのが原因です。
シャワーの根元の部品を交換すれば修理できます。
最近のシャワーヘッドも色々あり、マッサージ機能付きや丸型、角形、浄水機能付きがあり、複雑になっています。
床下から水漏れしている原因は、シンク下の配管の接続部のパッキンがすりへってきて水漏れしていたり、排水管が詰まっていたり、色んな原因が考えられます。
台所や洗面所の詰まりには、ピーピースル等の薬品やワイヤー式のカンツールや、高圧洗浄で修理できます。
予防として油を固まらせたり、パイプクリーナ等を入れたり、シンクのバスケットをこまめに替えたりすることが詰まりの予防になります。
様々な水道の水漏れや水栓器具は便利になり、年々複雑になってきており、自分で修理するのは難しくなっています。
無理なようなら水道業者に依頼してください。
※免責事項
此方に記載されている方法を実践する場合には自己責任にてお願いいたします。 当社では被害・事故に関する責務を負いかねますので予めご了承ください。

  • 年中無休・24時間・365日(土日祝日も受付)水道局指定。携帯PHSからもOK。0120-979-058 年中無休・24時間・365日(土日祝日も受付)水道局指定。携帯PHSからもOK。0120-979-058
  • メールでのお問い合わせはこちら
  • TOTO INAX取扱店/VISA MASTER AMEX DINARCE JCB取扱店 TOTO INAX取扱店/VISA MASTER AMEX DINARCE JCB取扱店